2015年03月10日

キーボードを久し振りに新調した

3月10日「ミトの日」は小梅の日。蜂蜜小梅配列の最終版リリース1周年を記念して、7年ぶりにキーボードを新調しました。

富士通 Libertouch キーボード

憧れの 富士通 Libertouch 108 キーボード を、ようやく迎え入れることができました。発売当初は Realforce の 109 フルキーボードと似たような価格設定だったと記憶していますが、現在はだいぶこなれた値段になっています。

「スッ」「スッ」と吸い付くようなキータッチにうっとりする一方で、底突きさせるとメカニカルキーボードとはまた違う五月蠅さがあって、こればかりは思わぬ誤算でした。底面にウレタンクッションを貼って、さらにオーディオ用のインシュレーターを敷いて、当座を凌ぎます。

親指キーを嵩上げ

親指で打鍵する[無変換][スペース][変換]の3つのキーは、いつものように嵩上げを施しました。今回は一転して白いキーボードなので、ポリエチレン製の発泡フォーム(ちょっと固め)を適当な大きさに切って、両面テープで貼り付けています。

関連記事

小梅配列の標準キーボード!?
2008-05-23
普通のキーボードでいいんじゃね?
2007-11-14
前のキーボードに戻した。
2007-07-18
またまたキーボードを新調した。
2007-07-08
キーボードの試し打ちがしたい。
2007-06-28
再び白いキーボードに変えた。
2006-05-15
改めてPと@
2006-03-22
届かぬP
2006-03-21
またもやキーボードを新調した。
2006-03-10
キーボードを新調した。
2006-02-28
posted by 141F at 01:33| Comment(4) | TrackBack(0) | pc / tool | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする