2018年05月02日

蜂蜜マトリックスを最初に覚えましょう

蜂蜜小梅配列のウェブサイトに、少しく加筆しました。

「ルールが複雑すぎて、とても覚えられる気がしない」と感じている、そこの貴方。まさか拗音 104 組を全部マスターするつもりじゃないでしょうね? そんなこと、やらなくていいんです。

蜂蜜マトリックスは 3行×5列、規則正しい15鍵です。連想記憶を武器として使いこなすために、この簡単なルールを最初に覚えてください。カナに手を出すのはその次でOK。ディスプレイ脇にカンペを貼るのもいいと思います。

蜂蜜マトリックスは3段×5列の格子フィルタ

カナを覚える時は、

  • 「L」キーを押したら「し」が入力される
  • 「し」を出すときは「L」キーを押す

といった物理キーを意識した、いわば補助輪付きの状態からスタートします。それがいつしか「し」のキーを押したら「し」が入力される、仮想キーを打鍵する意識に変わり、やがて無意識下の打鍵として指に固定されます。

蜂蜜マトリックスも同じです。[D]と[L]を同時打鍵したら「しょ」という物理キーを意識した動作から、「ょ」と「し」で「しょ」という感じでキーの仮想化が進み、指が「しょ」を覚えていきます。連想記憶を繰り返すうちに、運動記憶として定着していくのです。

同様に「ぎゃぎょぎゅ」や「ちゃちょちゅちぇ」等のわりと使う拗音も、「ゅ」と「ち」で「ちゅ」などと咄嗟に思い出しながら入力していくうちに、指にじわじわ染み込んでいきます。

滅多に使わない、あるいは使ったことがない【指が覚えていない拗音】でも、「ぁ」と「つ」で「つぁ」、「ぅ」と「と」で「とぅ」とその場で類推しながら打鍵できるので、指が止まったりしつつも、「ツァラトゥストラ」と入力できます。

この「咄嗟に思い出しながら」入力したり、「その場で類推しながら」打鍵できるところ、すなわち連想記憶を入力補助として最大限に活用するのが、「覚えやすい/忘れにくい/思い出しやすい」蜂蜜マトリックスのユニークな特長です。

たとえ指が「ぬぉ」を知らなくても何とかなる。あるいは、「し」がどのキーか知っていれば、「しゃしょしゅしぇしぃ」(と「じゃじょじゅじぇじぃ」)が連想できる。そして、自分が使う拗音だけが指に自動的に記憶されていく。それが蜂蜜マトリックスという仕掛けなのです。

まず初めに、蜂蜜マトリックスを指のコンシェルジュとする。そこから貴方の蜂蜜小梅配列が始まります。蜂蜜マトリックスは 3行×5列、規則正しい15鍵です。

2018-05-03 加筆訂正しました。

posted by 141F at 01:49| Comment(0) | oyayubi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする