2005年12月06日

Sony DSC-R1 レビューを読む。

Sony DSC-R1 のレビューを読んでの備忘録。

インプレス デジカメWatch > 【新製品レビュー】 ソニー サイバーショット DSC-R1

DSC-R1 は、APS-C に近い大きめの CMOS に 24-120mm F2.8-4.8 (35mm換算) という広角寄りの5倍ズームを積んだ、レンズ一体型の EVF デジカメで、広角好きとしては無視できない製品です。このレビューを読んで、改めて気付かされたのは次の2点。

  1. イメージャのサイズが大きくなると、明るいレンズとの組み合わせが難しい。
  2. EVF ならではのメリットとして、AF のターゲットエリアを画面の中を自由に移動させることができる。

2/3 型から APS-C への乗り換えは、失うものも少なくないことを示唆してくれた記事でした。上向きにフリーストップな EVF はローアングルや上空を見上げる撮影で重宝していますし、AF ターゲットが自由に移動できるのも圧倒的に便利です。とはいえ所詮は初代 Dimage 7 。なかなか合焦してくれなくて、シャッターチャンスは逃しまくりなわけですが。

posted by 141F at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | photo / camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック