2008年09月26日

物欲の秋。

いつの間にかスキャナが死んでるっぽい。蛍光管の温度変化にシビアなところにかなり辟易していたので、次は白色LEDの機種で是非。とはいうものの、滅多に使うものでもないので、いつ買ったらいいのかが思案のしどころです。年賀状がポイント、でしょうか。

もう一つはPCオーディオをアップグレードしたいんですが、どこをどうしたらいいのやら。現状では、

  • ソースは mp3 (196bps中心)
  • PCI 接続の廉価版サウンドカード
  • アクティブスピーカー

で BGM 的に鳴らしていて、夜中に本気で聴きたくなった時は、2千円ぐらいで買ったヘッドフォンをさらに繋いでいます。「BGM として聞いている」分にはいいんですが、「本気で聴きたい」時は、昼間だったらメインシステムにスイッチするからいいとして、夜中に聴くヘッドフォンはイマイチ楽しくないんですよね。

  • 情報量が少ない
  • 音量を上げるとうるさい

いくら圧縮音源だからとはいえ、メインシステム(CDP + AMP + SP)でスピーカーを鳴らすよりも、ヘッドフォンの方が情報量が少ないというのは、けっこう致命的かもしれません。

音量を上げたらうるさいのは当たり前じゃないか、というのはさにあらず。チープなオーディオシステムは、音量を上げると歪みも(おそらく音量の二乗に比例して)増えていって、キンキン・ガンガンした音になりがちです。現在使っているPCオーディオでは、ボリュームが9時前の段階で、うるさくてもうダメです。

最小限のコストでアップグレードを図るとしたら、

  1. 能率の高い、音の良いヘッドフォンを新調する
  2. アクティブスピーカーの代替として、音の良いアンプ+スピーカを新調する
  3. 音の良いサウンドカードを新調する

どれがいいんでしょうね。悩みます。

posted by 141F at 02:08| Comment(0) | TrackBack(1) | audio visual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ヘッドフォンを新調した。
Excerpt: 秋の夜長を爆音で楽しむために、結果としてヘッドフォンを新調しました。木製な筐体の Victor HP-FX500 をお買い上げです。
Weblog: Weblog 61℃
Tracked: 2008-09-28 00:30