2009年03月21日

今さらながら ATOK を試用してみる。

ATOK7 にぶち切れて以来ずっとアンチで通してきましたが、Windows Vista 付属の Microsoft IME のあまりの惨状に、重い腰を上げざるを得なくなりました。Windows XP 付属の Microsoft IME 2002 の方がずっとマシでしたね。ということで、ATOK 2008 相当の ATOK 体験版 を試用中です。

Microsoft IME の何がイヤかって、

  • 変換が気に食わない。学習させた甲斐がない。
  • 間違った辞書学習を上書きできない。削除できない。

さっき学習させたばかりなのに、なぜかその候補が真っ先に出てこない。その癖に、辞書学習で一度間違って覚えさせてしまったが最後、修正も削除も効かない。必要なものが出てこなくて、要らないものに何度となく煩わされるというのは、ホントに致命的です。システム登録単語も含めて辞書に登録してある単語・用例・学習のほとんどを、ユーザが自由に修正したり削除できたりした WX シリーズを愛用してきただけに、透明度・自由度が低い Microsoft IME は何かにつけてストレスが溜まります。

これで ATOK もやっぱり気に入らなかったら、私はいったいどうしたらいいんでしょうね。Windows Vista の UI 全般にイラついてばかりなので、Windows XP に戻すか、ベータ版を承知で Windows 7 にとっとと移行してしまうか、それとも Windows OS から足を洗うか、大きな決断を迫られそうです。

タグ:IME
posted by 141F at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | pc / tool | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115971422
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック