2006年02月03日

NICOLA の火を消さないために。

親指シフトウォッチ > Re: 絶滅危惧種(@Weblog 61℃)他2件

とはいっても、何もしなくて良いということではないのも当たっています。コミュニティーとして親指シフトが何をすべきかを考えるべきなのです。

遅くなりましたが、召喚呪文にお応えいただきありがとうございました(笑)。

「NICOLA(親指シフト)ユーザがここにもいるぞ〜!」と機会あるごとに主張しているつもりではいますが、絶海の孤島で漫然と狼煙を上げているだけのような気がしないでもありません(汗)。布教したところで、現状に不満がない人には馬耳東風ですからねぇ。

馬耳東風というのは、NICOLAというちっぽけな島から出ようとしない自分にも当てはまるのかもしれません。既存の入力方法に満足せずに、日本語の新たな入力方法が試行錯誤され続けているのを見るにつけ、なぜベストを尽くさないのかと自らを問い詰めたりして。

まあ、新配列を試すかどうかはともかく、QWERTYローマ字入力への後退を迫られるような事態だけは何としても避けたい、というのが本音です。たとえ伝統芸能と呼ばれようとも、NICOLAの火が消えてしまわないように、とりあえず今日も狼煙だけは上げておきます。

posted by 141F at 03:28| Comment(2) | TrackBack(0) | oyayubi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
呪文に惑わされて(笑)来ました。

>絶海の孤島で漫然と狼煙を上げているだけのような気

でも時々は飛行機が来るかもしれません。もしかしたら狼煙を見た人が次の狼煙を上げるかもしれません。他の人があげている狼煙を正確に判読して、次に伝えることも大事なのだと思っています。

まずはできる範囲から、あまり詰めないでも「動きだしてみる」ことが必要なのではないのでしょうか。親指シフトは逃げていかない(でも、無視していたら枯れてしまう)と腹を括るしかないと、変に楽観的です。
Posted by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 2006年02月05日 22:37
はじめまして

私も結構いい加減な人間ですが,『走れメロス』をすこし載せてみます。『親指シフト』もこんな風になればいいなと思いて・・
犬?垢??",青い論理ですが・・・・
『天を仰いで悔し泣きに泣きだして,ああぁ濁流を泳ぎきり山賊を3人も打ち倒し韋駄天ここまで突破してきたメロスよ,今ここで疲れ切って動けなるとは情けない。愛するともよ,お前を信じたばかりにやがて殺されなければならない,お前は期待の阜新の人間,まさしく王の思うツボだと,自分を叱って見るものの全身萎えてもはや芋虫ほどにも全身かなわず・・・私は阜新の徒では無い,出来ることなら私の胸を断ち割って真紅の心臓をお目にかけたい,愛と真実の血液だけで心臓を見せてやりたい・・あゝどうでもいい,これも私に定まった運命なのだ・・
王は私にチョット遅れて来いといった・・そうすればお前の友は助けてやると・・・セルニンティウスよお前は私を信じてくれるかも知れない,いやそれも私の一人よがりか・・
お前は醜い裏切り者だ!!あゝ陽が沈むずんずん沈む・・その男の為に私は走るのだ・・あゝまだ陽は沈まぬ・・私は何だかもっと大きなもののために走るのだ・・と大きな声で群衆に向かって叫んだつもりであったが声がつぶれてかすかに声が出ただけで,誰も気付いてつれない・・・・』

Posted by 清十郎 at 2006年02月26日 06:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック