2009年09月19日

1,000 時間の評価打鍵とは、はたして適正量なのか。

評価打鍵をどれくらい行えばいいのか、かえでさん は次のように述べています。

1000時間の評価打鍵って、たかが「8時間×4ヶ月」か「3時間×11ヶ月」で達成できる量だから……それぐらいの「訓練」で解決できる、と保証してあげられる状態になってから、完成品としてリリースするのがいいと思う。

1,000時間を分に換算すると、

  • 1,000 × 60 = 60,000 分

私の打鍵速度は遅いので、カナ換算で仮に 100字/分 とすると、

  • 100 × 60,000 = 6,000,000 字

1,000時間で 600万字が入力できます。そして、600万字ということは、

  • 600万字 ÷ 10万字 = 60

10万字サンプルを60サイクル繰り返すことができます。10万字 × 60 ともなると、出現頻度が最多の「い」は 41万回超も打鍵され、1.3.4 版で配置換えされたばかりの「あ」は7万回超、「わ」でも5万回超も打鍵できる計算です。頻度極小の「ぢ」や「ヴ」でさえ60回も打鍵されるとなれば、評価打鍵としてはたしかに十分と言えるでしょう。当然ながら、打鍵スピードが速い人ほど、さらに評価サイクルを重ねられます。

ただし、時間ベースで評価打鍵の量を語ることは、個人的にはピンと来ません。

毎日コンスタントに 1,000 字を打鍵し続けたとすると、10万字サンプルを1サイクルこなすには、

  • 100,000 ÷ 1,000 = 100

100日掛かります。上の例と同じように60サイクル繰り返すには、

  • 100 × 60 = 6,000

6千日ということは16年以上が必要です(汗)。逆に1年で60サイクル繰り返すことを目指すなら、16,000 字以上を毎日コンスタントに入力しなければなりません。これは大変だ! 仕事や執念(謎)で日本語配列をアレンジするならともかく、趣味で行っている私のような立場の人間には、いささか気が遠くなる数値です。

そもそも、かえでさんの言う評価打鍵の時間量って、

  • 開発当初からの累積時間
  • 最終候補が確定してからの評価量

どちらなのでしょうか。前者だとすれば小梅配列も基準を何とか満たせそうですが、後者だとすれば完成披露は16年後とかになりそうで怖いです。おっと、

配列を固定した状態で、1000時間以上の評価打鍵を行っているか、もしくは「1000時間評価打鍵をしても、配列を変更することがないと言い切れる」確証がある状態。

と書いてありますね。評価打鍵は「量より質」な側面も強いので、「単純に時間だけでは決められません」などと抵抗しないことには、完成したと永遠に宣言できなくなってしまいます(苦笑)。

ラベル:小梅配列
posted by 141F at 01:07| Comment(2) | TrackBack(0) | oyayubi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 どーもー。
 かぜの疑いがあって「おとなしく寝る」予定なので、すこしだけ。

>そもそも、かえでさんの言う評価打鍵の時間量って、
> * 開発当初からの累積時間
> * 最終候補が確定してからの評価量
>どちらなのでしょうか

 ここは「最終版のリリース候補確定」をスタート地点と考えています。で、

>私の打鍵速度は遅いので、カナ換算で仮に 100字/分 とすると、
> * 100 × 60,000 = 6,000,000 字
>
>1,000時間で 600万字が入力できます。そして、600万字ということは、
> * 600万字 ÷ 10万字 = 60

という「フルスピード換算」は行わない(考えている時間などもまた、評価打鍵に含む)ことを前提に書きました。

 「打鍵量」を基準にしているわけではなくて、あくまでも「最終版について考えている時間」が1000時間くらい、と。
 本来は「夜を明かした数(というか、日数)」とかで表現してみたかったのですが、それだと「1年」以外の値が取りにくくて扱いづらいな……と感じたもので、時間を単位にしてみた……というところです。

 これは、評価打鍵そのものというよりも、「最終版をリリースするに足る覚悟を得るための、心の準備期間」という方が近いのかもしれません。
 最終版にとって本当に必要なのは、「信頼にたる十分な評価打鍵の実施」ではなく、「変えないという覚悟を決めること」だと思う……ので、ああいう書き方をしてみた次第です。
Posted by 相沢かえで at 2009年09月19日 19:44
なるほど。件のエントリーからは「フルスピード換算は行わない(考えている時間などもまた、評価打鍵に含む)ことを前提」というのは伝わってきませんでした。一切合切を含んで1,000時間だとすると、私の場合は1日1時間×365日×3年=1,095時間でクリアということになりそうですが、ちと冗長という気がしないでもありません。
Posted by 141F at 2009年09月23日 02:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック