2006年02月09日

松尾鉱業を更新しました。

松尾鉱業ED251

探していたネガがようやく見付かったので、松尾鉱業のページを更新しました。スクラップ然としていた頃の ED251 の凄惨な姿も含めて、画像4点を追加しています。恒例となりつつある拡大画像も完備です。

ED251 が放置されていた場所は、私が盛岡市内で小学生していた頃の行動半径内だったりします。松尾鉱山そのものは、"死の川"北上川とセットで授業で習ったはずですが、そこに私鉄が走っていたことも廃線になったことも当時は全く知りませんでした。近所に突然現れた小さな機関車の由来など何も知らずに、運転室を覗き込んだりして無邪気に遊んだものです。

放置プレイから一転して保存に至った経緯は存じませんが、どうして解体されなかったんでしょうね。ED251 はよほどの強運の持ち主なのかもしれません。関係各位には感謝の念を表しておきます。

参考文献としてネコの『消えた轍』を加えましたが、日付が特定できない「歴史」の解消には至りませんでした。

posted by 141F at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 61℃ info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13008338
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック