2006年02月27日

手が小さい人のNICOLAはうるさい。

清十郎さんのコメント の真意をイマイチ測りかねていますが、門出を祝ってもらえたのだと、良い方に解釈しておきます。ありがとうございました。

指が短いというか手全体が人一倍小さい私の場合、 NICOLA では静かなタッチタイプができません。タイプライターみたいにカチャカチャバタバタ言わせた、騒々しいタイピングになりがち。夜更かし好きですからなおさら何とかしなきゃと思いつつ、これまで10年以上も放置してきました。意を決して飛鳥にチャレンジしたことで、なぜ静かなタイピングができなかったか、原因がやっとわかりました。届かないキーがあるから手がホームポジションから離れてしまい、結果としてバタバタうるさくなる、と。ローマ字やJISかなだと、もっとうるさくなります(笑)。

飛鳥へのチャレンジでのもう一つの収穫は、新たに配列を覚えるのはそんなに大変ではない、ということでした。記憶を養うためにシャドーボクシングよろしくシャドータイピングを重点的に行うことで、3日めからはゆっくり思い出しながらではありますが、配列表をほとんど見ないで打つことができました。半月もあれば NICOLA のスピードに追い付けたはず。

目からうろこだった飛鳥ですが、それなりに 不満 もありました。届かない指が飛鳥の作者氏と微妙に違うのも、飛鳥を諦めた理由としては大きかったですね。

今日も試行錯誤を重ねて、大きな手戻りがあったりもしつつ、こんなもんかな〜と思えるところにやっとたどり着きました。しばらくはこのまま試してみます。

そうそう、"俺様専用配列"の最大の誤算は、30分も入力していると指が痛くなってくること。キーボードのタッチが強すぎで、いわゆるロールオーバー的なタイピングには向いていないようです。NICOLA ではたとえ一日中打っていたとしても、疲れはそれなりだったのですが…。

posted by 141F at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | oyayubi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック