2006年03月11日

小梅と名付けました。

いいだけ引っ張ってきた"俺様専用配列"ですが、何とか実用になるレベルは確保できたと判断して披露します。名前はシンプルに 小梅 としました。と書いてるそばから、まだ文字の並びを入れ替えてたりして…。

最初のひらめきとは全然別物になってしまったとはいえ、独自のアイディアもそれなりに盛り込めたと思っています。所詮はニッチなニーズに特化した代物ではありますが、Nicola でもない、Tron でもない、そして飛鳥でもない親指シフト配列を、暖かく見守っていただければ幸いです。

親指シフト日本語配列 小梅
コンパクトな運指の親指2シフト配列
posted by 141F at 02:08| Comment(6) | TrackBack(1) | oyayubi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「俺様専用」とは思えない完成度の配列ですねー。僕は最近新JISベースの親指2シフト化をちょっと試してたんですが、コンセプト(非シフト率・交互打鍵率重視)が被っててこれだけの配列があるんじゃすっぱりと諦めがつくと言うものです。小梅って名前もステキです。

「連続シフトはしない」で良いのでしょうか? それとも「するかしないか定義しない」のでしょうか?
Posted by jisx6004 at 2006年03月12日 17:33
jisx6004 さん、はじめまして。「月は空き地でいっぱい」はいつも拝見させていただいてます。過分なお言葉、ありがとうございました。

連続シフトあるいはシフトのリピートは、全く考慮していません。リピートが偶然使える可能性は否定しませんが、小梅が要求する仕様ではありません。そこらへんは Nicola や Tron と同じです。
Posted by 141F at 2006年03月12日 21:32
TRONって連続シフトしないんでしょうか。実機を触ったことがないのでよく分かりません。
連続シフト了解です。勝手ながら簡単に紹介させていただきました。http://jisx6004.client.jp/layout-kana.html#koume
Posted by jisx6004 at 2006年03月12日 23:12
141Fさん,はじめまして。azukiと申します。

小梅ってかわいい名前ですね。NICOLAをベースに改良されているとのこと,なかなか良い仕上りだと思います。左右交互打鍵を最適化されているのが興味深いです。

濁音が必ずクロスシフトになっているのは素晴らしいです。頻度の低い文字でも覚えやすく忘れにくいという利点もありますが,大切なのは親指シフトキーが1つだけでも,濁点半濁点キーと組み合わせてかな入力できるという点です。つまり,スペースキーが長い101/104英語キーボードでも使えるということです。

記号類がNICOLAベースになっているのも良いですね。横書き用と横書き用の読点を自在に使い分けられ,かっこ記号なども出しやすい位置にあります。ところで,小梅配列の図を拝見しましたが,本来NICOLA的には“3”のシフトは「にょろ(〜)」“67”のシフトは「亀かっこ(〔〕)」“0−”のシフトは「二重鍵かっこ(『』)」が正しいはずです。また,Enterの左が“EC”だとEscと誤解されがちなので,取消を意味する“CN”ぐらいが良いと思います。

これから楽しみな配列です。さっそく,配列比較デモに追加してみました。

http://homepage1.nifty.com/tobikan/azuki/typedemo2/typetest.html
http://homepage1.nifty.com/tobikan/azuki/typedemo2/vsmode.html
Posted by azuki at 2006年03月15日 23:36
> 横書き用と横書き用の読点

縦書き用と横書き用ですね(汗)。
Posted by azuki at 2006年03月15日 23:41
コメントとご紹介、ありがとうございました。

記号に関しては、私の思い込みと誤解を招く表現がありました。近いうちに修正します。
Posted by 141F at 2006年03月17日 01:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

小梅懐石
Excerpt: 小梅懐石。 意味もなく叫ぶ。解析です。 http://jisx6004.client.jp/data/koume/testmap.html 小梅というのはこちら。 NICOLAはもとも..
Weblog: 月は空き地でいっぱい
Tracked: 2006-03-13 02:41