2006年03月22日

改めてPと@

複数のコメントとTBをいただきました。ありがとうございます。錯綜してしまったので、新規投稿しておきます。

言われてみれば、確かに指を寝かせるようなスタイルで打鍵してますね。で、Y軸を右方向にロール=親指を浮かす方向に手首をひねる=しながら小指を伸ばすことで、を押し下げているようです。指を立たせて指先でタイプする感じにすると、私の短い小指でもに届きました。ただし、薬指の付き添いが不可欠です。指を立たせると、手のひらを支える支点がキーボードに近付くので、届くようになるんですね。

[P]と[@]はどちらが打ちやすい?(ローマ字入力でもなく、かな入力でもなく)

これは、[P]を薬指で打ってみたときもにも同じようなことを思いました。[P]自体は確かに小指で打つよりも薬指で打つ方が打ちやすいのですが、[P]を薬指で打っていると今度は[O]が打ちにくくなってくる。

私がローマ字入力時に右手上段で頻繁にミスタッチしてしまうのは、を無意識に薬指で打ってしまうからかもしれません。

ついでにキーボード自体の話も。製品名の間違いの訂正、ありがとうございました>jisx6004さん。こないだ新調したばかりのキーボードは、スペースキーが早くもギシギシ言うようになってきました。安物買いのなんとやらですねぇ orz

posted by 141F at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | oyayubi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック