2010年09月27日

一気に秋めいて。

ぼちぼち近況報告など。近頃は短文ネタしか思い付かないので、もしかしたら twitter の方が体質に合っているのかもしれませんが、時間の流れに拘束されてしまうのはマジで鬱陶しい。楽しいと思えないのなら、やらない方がいいよね。と、言い訳してみる。

Bloglines の終焉。

あれから3年以上ずっと使い続けてきた Bloglines も、今月いっぱいでお別れ。あれこれ比較するのも面倒なので、手っ取り早く Google リーダーに移行しました。右手テンキー部だけで読み進めていける環境が整えられたので、これで良しとしましょう。

久しぶりの Perfume が気持ちいい。

曲がいい、キャラがいい等々と、好きな理由はいろいろ挙げられますが、つまるところは彼女たち3人の歌声が好きなのだという結論に達しました。

  • 「男」+「女」+「母」の三つ巴=これ最強!

異論は認めません(笑)。

禁煙して51カ月目。

自他共に認めるヘビースモーカーだった私も、前回の値上げと相前後して何度目かの禁煙に挑戦して、今では紫煙がすっかり苦手になりました。宴席帰りとかで服や髪がタバコ臭くなっていると、本当に具合が悪くなります。変われば変わるものです。

喫煙者だった頃は「一服すると落ち着く」と思っていましたが、あれは単にヤニが切れるとイライラしていただけ。ニコチンの中毒症状の現れだったと、つくづく思います。

タバコは嗜好品です。だから、喫いたければ喫えばいい。健康がどうとか言って、他人に禁煙を押しつけたり野暮なことは言いません。ただし、他者に犠牲を強いることだけは止めてくれと。喫煙者の嗜む「香り」は、非喫煙者にとっては「臭気」でしかないことを忘れないでほしいのです。

タバコ臭さに辟易する瞬間 ワースト3
  1. 食事中にタバコ臭い
  2. 狭い空間がタバコ臭い
  3. 理容師/美容師がタバコ臭い

「さあ食べよう」と箸を手にした途端に隣から煙がプカプカっていうシチュエーションは、冗談抜きで殺意すら覚えます。

クルマに同乗してて一服されるのが辛いのは言うまでもありませんが、「残り香」もかなりやばいです。たった1本の喫煙でも、普段は禁煙の車内だと一週間以上は臭気が残ります。禁煙室じゃない個室(ex.カラオケボックス)も、喫煙者と一緒じゃなくても、服も髪も身体ごと全部タバコ臭くしてくれます。

髪を切られたり髭を剃られたりしている間ずっと、タバコ臭い指が鼻腔を直撃する拷問。

2番目はまあ我慢するとしても、食事中と髪切り中は何とかならんかなー。

呑んでも呑まれるな。

酒に溺れるのと同じく、タバコに呑まれてる姿は「サイテー!」の一言。マナーどころかルールも守れないのは論外としても、喫うんだったらかっこよく喫ってくれと言いたいですね。美味そうに一服する姿に、惚れた!と言わせるぐらいに(笑)。

posted by 141F at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | various | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163865684
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック