2010年10月09日

トライ&エラー。

あり合わせの材料プラスアルファで、ちょこちょこ試して悲喜こもごも。

USB ケーブル変更。

値段のわりに評判のいい Arvel AU2SF10BK を買ってきました。ハイグレードを自称してても店頭で700円を切っていたので、迷うことなく確保します。一聴して具体的に何がどう違うのかは言葉にできませんが、聴き続けるうちに顔がにやけてきているのが自覚できます。採用。

ヘッドフォンで聴くと厳しい。

典型的なドンシャリサウンドで、とっても聴き疲れします。加えて、右chの音量が不安定で、定位も安定しません。

排他的再生は寂しい。

今まで使ってきた PCI サウンドカードを復活させて、

  • USB-DAC 出力 → アクティブスピーカーのアナログ入力1
  • PCI サウンドカード出力 → アクティブスピーカーのアナログ入力2

と繋いで、スピーカー内蔵のミキサーの活用を試みたものの、foobar2000 の出力を Direct Sound にしない限りは排他的なままでした。残念ながら PCI サウンドカードは再びお蔵入りです。

思い付くまま、いろいろ試してみる。

  • NuForce icon uDAC2 をセルフパワーな USB ハブに繋いでみた。
  • インターコネクト(RCA)を紅い 6N-2050 から、同じく Acrotec(現 Acrolink)の 6N-2020 に変更。こっちは長さ 0.5m なので、取り回しも変更。
  • MDF 端材を真鍮コーンで浮かせた。

NuForce icon uDAC2 セッティングその2

何がどう効いたのかはさっぱり分かりませんが、右chの不安定さが解消され、高域のキンキンしたきつさが取れて、さらには低域の制動が増したように思えます。無理なく楽しめるし、ずっと聴いていても疲れません。

あゝ無情。

Victor HP-FX500 の左chが完全に死んでしまいました。症状からするとケーブルの断線ではなく、ハウジング内部での断線とか破壊っぽいorz 修理して直ればいいけど。

安価なヘッドフォンがグレードアップしたように化けて聞こえるのが、不幸中の幸いです。

関連記事

排他的再生。
2010-10-06
NuForce Icon uDAC2 を買った。
2010-10-04
ラベル:audio PC
posted by 141F at 02:08| Comment(0) | TrackBack(2) | audio visual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

USB-DAC とオンボードサウンドを共存させる設定。
Excerpt: USB-DAC とオンボードサウンドを共存させる設定に再挑戦します。
Weblog: Weblog 61℃
Tracked: 2010-10-18 03:21

オーディオはオカルトです。
Excerpt: そうです、オーディオはオカルトです。趣味の世界なんて、所詮はそんなもんでしょう!?
Weblog: Weblog 61℃
Tracked: 2010-10-22 02:46