2010年10月14日

右手差指から「ね」を破門したい。(6)

久しぶりに小梅配列を弄ります。

他人様の作った日本語配列は、親指シフトであろうと無かろうと気になります。新しい配列・新しいアイディアが登場する度に、身も蓋もない言い方をすればハイエナのように現場を嗅ぎ回って、何かパクってこれないか残滓を漁っています(笑)。

下駄配列をベースに新たに生まれた 日和下駄配列のブログ を読んでいて、キーの押しやすさを示した図表に釘付けになりました。

そうそう、右手中指下段は打ちづらいんですよ!

キーボード配列をカスタマイズから引用「キーの押し易さ/同手キーの連動性」

親指が「親指キー」に縛られる親指シフトの場合、たとえ単打(無シフト)といえどもキーの押しやすさは引用した図表とは異なるように思えますが、この点については本稿では採り上げません。

右手中指下段は打ちづらい。

日和下駄配列は、右手中指下段は打ちづらいからと[,]からカナを排除して、潔く読点「、」を置いています。句読点の位置を決め打ちしている小梅配列では、残念ながら同じ手が使えません。

修正案その3 では、「み」が[N]に移動したことで、小梅配列の鬼門ワードの一つ「くみあわせ」が打てなくなっていました。[N右]の次の[,右]が全くダメ。[,]の「あ」と[;]の「わ」を入れ替える手もありますが、「い」の下段に「わ」を置くのは Nicola の経験から抵抗があります。

そこでふとした疑問。[,]に置いた「すず」ペアは、どうして打ちづらいと感じないのか。

「す」は文末対策として 1.22 版で無シフトに出されて以来、[,]のポジションを不動のものとしています。同様に「ね」も 1.22 版から 1.33 版まで[,]にあって、右手中指下段に置くことへの不満はありませんでした。

関連記事

本日の配列 − 小梅 1.22 beta6-2
2006-08-31
「ね」が[,]に置かれた。
連続シフトを数値化してみよう。(続)
2006-08-30
本日の配列 − 小梅 1.22 beta6
2006-08-29
「す」が[,]に置かれた。
す。
2006-08-24
連続シフトを数値化してみよう。
2006-08-23

右手中指下段に置くべきカナ。

結論から言えば、「す」と「ね」は右手中指下段[,]にあるべきしてあったカナでした。指がそう言うのだから間違いありません。

それは何故か。どちらも文末によく現れて、句点がある左手側と強く結び付くカナだから? 「す」と「ね」が1文字目となる 2-gram を、例によって10万字サンプルで確かめます。

「す」と「ね」の次に来る文字は左手側が多い!?

2文字目のカナ・句読点
左手側 右手側
1文字目 1,277 67% 628 33%
216 52% 193 48%

カナと句読点だけを計算。数字と句読点以外の記号を考慮していません。

「す」の次の打鍵の 2/3 は左手側なので、左手側との結び付きが強いカナだと言っていいと思いますが、「ね」は「ねん」が多くて左右半々でした。うーん、これ以外の理由は、今のところ思い当たりません。

謎解きが中途半端になってしまいましたが、指が言う通り「ね」を右手中指下段に戻しておきましょう。

修正案その4

「め」を左手小指に、「ね」を右手中指下段に戻して、「あ」と「み」を内側に押し出します。

強調 は 1.3.4 版との差分です。

無シフト面
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 − ^ ¥
 。 な て せ そ ・ お の に , 、 :
  こ た か  は ー  い し と BS ESC
   . ゅ ょ ろ ゃ っ う す ら え _

左シフト面
? / 〜 「  」 & ’ < > + = ‘  |
ぺ つ も ぬ ゎ ぅ び ぎ げ  」 ゛ ゜
  め を ま  や ぃ  ぐ じ ど BS ESC
   ゆ ほ よ ふ ぴ ぉ ぇ ず ぢ べ !
右シフト面
! ” # $ % [ ] ( ) { } 〓 〓
ぱ づ で ぜ ぞ 〓 ひ き け 「  * ;
  ご だ が  ば む  く り わ BS ESC
   ぽ ぼ ぷ ぶ ヴ み あ ね ち へ ?

〓 は未定義。

小指シフト面
! ” # $ % & ’ < > ^ = ‘ |
 Q W E R T Y U I O P @ [
  A S D  G H  K L ; : ]
   Z X C V B N M , . / _
本日の配列。

ありがとうございました>日和下駄配列。

練り小梅配列とか紫蘇小梅配列は、まだかいな。配列を固定しないとダメですかそうですか。

関連記事

右手差指から「ね」を破門したい。(5)
2010-05-07
右手差指から「ね」を破門したい。(4)
2010-02-14
右手差指から「ね」を破門したい。(3)
2010-02-13
右手差指から「ね」を破門したい。(2)
2010-02-11
右手差指から「ね」を破門したい。(1)
2010-02-06
そして「ね」が残った。
2009-07-10
posted by 141F at 01:06| Comment(1) | TrackBack(0) | oyayubi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
修正案、試させてもらっております。
個人的に「ね」が中指で打てるのが時々気持ちいいですね。
Posted by 563 at 2010年10月21日 21:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック