2010年10月22日

オーディオはオカルトです。

そうです、オーディオはオカルトです。趣味の世界なんて、所詮はそんなもんでしょう!?

  • 揺れすぎジッターが気持ち悪い。でも、ケーブルには無頓着。
  • ケーブルにはこだわるけど、ジッターって何ですか?

一口にオーディオ好きと言っても、中にはいろいろなタイプの人がいます。例示の後者は何を隠そう、この私です。20万円のアンプに10万円の電源ケーブルを突っ込んだりしてますが、ジッターの影響を感じたことは未だかつてありません。0.05% のワウフラッタでさえ聴いてて分からないんですから、ppm 単位の揺れだなんて存在しないのと同義です(笑)。

こだわるところは人それぞれですから、気が済むまでとことんやるがよろしいかと。中途半端な言い訳をする方が、よほど見苦しいです。

だがしかし、わざわざオカルト呼ばわりしたとしても、死んでしまった Victor HP-FX500 が都合良く蘇るはずもなく。修理見積は「新品交換となって、店頭価格より高いメーカー希望小売価格が必要です」というものでした。さよなら、HP-FX500。短くも濃い付き合いをありがとう。

関連記事

トライ&エラー。
2010-10-09
オーディオの我が愛機たちは皆、10年選手になってしまった。
2008-10-08

タイトルについて追記。

「オーディオ趣味はオカルトとの闘いです」に変えてもいいんですが、大して違わないよね(笑)。

ラベル:audio
posted by 141F at 02:45| Comment(2) | TrackBack(0) | audio visual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんにちは、例示の前者です^^;。
 IEC320-C14コネクタが付いた電源ケーブルですと……いまだに「PC-9821付属の2線タイプ」とかが、平然とシステムに混じっていたりしますorz。
 ヘッドフォンアンプに至っては、ケーブルどころか「出力インピーダンスを変えるために抵抗を突っ込む」ことをやっても、「ある・なしの、それぞれ良いじゃん」で終わってしまうんですよね……むむむ。

 ……と、それはさておき。
 Victor HP-FX500 についてなのですが、私自身が外出先で音楽を聴かなくなったために、ペアとなる XA-V80-B(@Victor) とともに休眠しています。
 ちょうどペアリング出来るような、相性の良い据え置きヘッドフォンアンプに出会えれば、 Victor HP-FX500 だけでも生かせたはず……なのですが、結局はそれにめぐり合えず STAX のセットで落ち着いてしまったため、この先も活用するアテがない状態となっています。
 うちでエージングしてしまった Victor HP-FX500 が、そちらで「使える状態」なのかどうか……というところは不安なのですが、もしそちらで活用していただけるようでしたらお譲りしますので、そのときにはご連絡いただければ、と。
 #元を取ったところまでは良かった……のですが、まだ普通に使えるものを、このまま眠らせ続けてダメにしてしまうというのは、さすがにもったいないもので。
Posted by 相沢かえで at 2010年10月25日 21:09
お気遣いありがとうございます。

デスクトップオーディオ増強計画(1)
http://61degc.seesaa.net/article/167190933.html

に記した通り、Victor HA-FXC51-R は1軍(デスクトップオーディオ)から戦力外通告が出てしまい、2軍(外出)専用になりそうです。似た傾向の HP-FX500 が出戻ってきたとしても、ケーブルの短さが使いづらいこともあって、居場所がなさそうなんですよね。

ということで、今回はお気持ちだけありがたく頂戴します。
Posted by 141F at 2010年10月27日 01:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック