2006年05月15日

再び白いキーボードに変えた。

黒いキーボードはタッチがだんだん硬くなってきて、数行打っただけで特に左手側がヤラレ気味になってしまうので、再び白いキーボード Sanwa Supply SKB-SL06W に戻しました。例えギシギシ言い出したとしても、指が痛くなるよりは全然マシです。

ショップで 東プレ Realforce に触ることができました。あのタッチの軽さはさすがですね。109タイプがあったら無敵なのに。待てよ、右Alt を 右Win とかにすり替えてしまえばいいのか。あとは価格が…。

関連記事

またもやキーボードを新調した。
2006-03-10
posted by 141F at 02:36| Comment(2) | TrackBack(0) | pc / tool | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。SKB-SL06Wはなかなかいいですよね。スペースキーが狭いところや打鍵音が静かなところ、変換キーがやや真ん中の方に寄ってるところなどなど。自分は店頭でさんざん試し打ちしたあげく、「SD」の運指でタッチが軽すぎて指が滑る感覚がしたので、結局買わないで帰ってきてしまいました……。
でももしパンダグラフのキーボードを買うなら次はこれにしようかなと思ってるので、「ギシギシ言う」という情報は少し気になるところです。
Posted by みのり at 2006年05月16日 21:36
みのりさん、コメントありがとうございました。
親指キーとして使うスペースキーがギシギシ言うようになって、一旦は諦めました。復活させてからは、今のところ大丈夫です。言われてみれば、指が滑るような感じはありますね。慣れてしまったのか、気になりませんが。
Posted by 141F at 2006年05月21日 10:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17826691
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック