2006年07月18日

派生配列と呼ばれて。

世界で唯一の小梅配列ユーザが今夜もお送りします(笑)。Ray さん経由で読んでいるので、反応が遅くてすいません。

理想?の日本語入力「飛鳥」配列3打鍵目(2ちゃんねる)

小梅の存在を知っていかに飛鳥が優れているかがわかった。派生が出れば出るほどRay氏がやった事がどれだけすごいか認知されるんだろうね。小梅の場合、濁音は必ずシフトでわかり易いけど、どうせやるなら「あ」行は右親指シフトで「か」行は左親指シフトなりと徹底的に初心者向けに分けていった方がとっ付き易いと思うんだがどうだろうか。

小梅配列は初心者向けと謳ったことは一度もないはずです。「覚えやすく忘れにくい」を標榜しているのは事実ですが、それは初心者向けを意図したものではありません。誤解なきように。強いて言うなら「ライトユーザ向け」でしょうか。週に一度しかブログを更新しないような最近の私でも、配列を思い出すために復習する必要はありませんでした。

「あ行」の文字が右手側に集まっているのは、交互打鍵率を高める狙いで結果として偶々こうなっただけで、それを意図して集めたのではありません。

俺は324(やまぶき)から飛鳥の存在を知った新参者だけど(でもスレは1打鍵目から全部目を通したけど)その時はべへぺの位置が気に入らなくてどうしても使う気にならなかったが、最終版になって使ってみたらスラスラ打てる用になったよ(^^)

私が飛鳥を試し始めたタイミングでちょうど 21-326 が出て、に「え」が割り付けられているのを見て、ちゃぶ台をひっくり返したい気分になったのをよく覚えています(笑)。21-326 がなかったら小梅は生まれていなかったかもしれません。21-333 から飛鳥にチャレンジできる今の人は、ホントに幸せだと思います。

ところで小梅のポジションは Nicola と飛鳥の隙間だっていうのは最初から分かっているのですが、このとんでもなくニッチなマーケットに果たしてユーザ(候補)が何人いるのか、あるいはゼロなのか、我ながらとても興味深いです(爆)。

posted by 141F at 01:57| Comment(2) | TrackBack(0) | oyayubi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれ、僕としてはNICOLAの代替ではあっても飛鳥とはあんまり関係がない(小梅作成に手を出すきっかけにはなった)と認識していたので「隙間」発言にはちょっと驚きです。
NICOLAに不満な層には飛鳥より小梅の方が使いやすそうに思うのですが、使用者でてこないでしょうかね。

遅ればせながら、「各種カナ入力配列」の小梅配列図を1.21に書き換えました。紹介文は以前のままですがその後の配列変更であわなくなった部分はありますか?
Posted by jisx6004 at 2006年07月18日 03:28
小梅配列にたどり着くまでには、「かな入力>親指シフト>Nicola>飛鳥>小梅」と、フィルタを順にくぐり抜けてくるはず。私と同じようにNicola経験者だろうと踏んでますが、はたしてどうでしょうね。

配列図のアップデート、ありがとうございます。文面はママでけっこうです。
Posted by 141F at 2006年07月19日 00:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック