2006年08月23日

連続シフトを数値化してみよう。

連続シフトは、データとして見せるのが難しいですね。合計や平均値を並べても、実態を伝えられるとはとうてい思えません。ちょっと長くなりそうですが、例文を使って親指シフト各配列を比較してみます。

用意したのは社内メールっぽくでっち上げた、ありがちな文章。「ですます体」なので、飛鳥にとってはベストケースに近いと思われます。

お疲れさまです。広報部の鈴木です。新製品内覧会の招待者リストの打ち合わせの件ですが、明日の夕方五時からでいかがでしょう。ご都合をお聞かせください。年末商戦カタログの色校をお見せできるかと思います。よろしくお願いします。

これをかなに戻します。137字あります。

おつかれさまです。こうほうぶのすずきです
。しんせいひんないらんかいのしょうたいし
ゃりすとのうちあわせのけんですが、あした
のゆうがたごじからでいかがでしょう。ごつ
ごうをおきかせください。ねんまつしょうせ
んかたろぐのいろこうをおみせできるかとお
もいます。よろしくおねがいします。

親指シフトかな配列別に見ていきます。

飛鳥 21-333

先ほどの文章を記号に置き換えてシフトの状態を示します。記号の意味は次の通り。

  • ・ アンシフト
  • < 左シフト
  • > 右シフト
>>・>><<<<>・・・・><<・<<
<・・<・<・>・>・・・>・・・・・・
・<<・>・<<><>・・<<<<<・・
>・・<・>・・><・・<<・・・<>>
>・>>・・<><>・<<・<>・・・<
・・・>>>・>>・>>・<<・<・・>
>・<<<<>・>><<・・<<<

次に、シフトの左右の区別と単発のシフトを無視して、連続シフトの発生だけを抽出します。数値の多寡は、連続した数そのままです。

12012123000000012012
30000000000000000000
01200000000001234500
00000000000012000012
30120000000120000000
00012301201201200001
20123400121200123
アンシフト
58字(42%)
左シフト
44字(32%)
うち連続シフト 33字(24%)
右シフト
35字(26%)
うち連続シフト 20字(15%)

飛鳥はやはりアンシフト率が低めで、他配列とは逆に左シフトが多くなっています。

Nicola

同様に Nicola です。

>・・<・>>・・・・・・>>・>・>・
・・・・・・・<・・・・・>・>・・・・
<<・・>・・<>・>・・>・>・<・・
>>・>・>>・・>・・>>・>・・>・
>・<>・・・・>・・・・・>・・>・・
・・・<<>・<・・<>>・>・>・・>
<・>・・><・・>・>・・>・・
00000120000001200000
00000000000000000000
12000000000000000000
12000120000012000000
00000000000000000000
00012000000120000000
00000000000000000
アンシフト
84字(61%)
左シフト
13字(9%)
うち連続シフト 4字(3%)
右シフト
40字(29%)
うち連続シフト 12字(9%)

これなら連続シフトがなくても困らないと言えそうです。

Tron

アンシフト
95字(69%)
左シフト
15字(11%)
うち連続シフト 0字(0%)
右シフト
27字(20%)
うち連続シフト 4字(3%)
>・・・・・>・・・・<・>・・<・>・
・・・<・<・・・・・・・・・・・・・・
<・・・・・>・><・>・>・>・・・・
・<・>・><・・>・・>>・・・・>・
>・・>・・<・>・・・<・・・・・・<
・・・><・・>・・・>><>・・・・>
・・・・・<>・・><>・・・・・
00000000000000000000
00000000000000000000
00000000000000000000
00000000000012000000
00000000000000000000
00000000000120000000
00000000000000000

Tron での連続シフトは、やるだけ無駄ですね。

小梅 1.21

・>・・<<>>・<・<・>・><>>>
・・・<・>・・・・・・・・・・・・・・
・>>・・・>><<・・・>>>・>・・
・<・>・><・・>・・>>・・・・>>
>・・・>・<>><・・>・<>・・・<
・・・・<・・・<・・・><>>・・・・
<・<>・<・・>・>>・・<>・
00001212000000000123
00000000000000000000
01200012120001230000
00000000000012000012
30000001200000000000
00000000000000120000
00000000001200000
アンシフト
78字(57%)
左シフト
21字(15%)
うち連続シフト 4字(3%)
右シフト
38字(28%)
うち連続シフト 23字(17%)

「ですが」が右シフトの3連打になっていることもあって、連続シフトがそこそこ効きそうな雰囲気です。しかしそれよりも、アンシフト率が Nicola より低いことに、私自身は衝撃を受けています。メールを打っててしっくり来なかったのは、こんなところにも原因があるのでしょう。アンシフト(表)に出すカナを、今一度考察する必要があるようです。

飛鳥の秘密を紐解くだけのはずが、小梅の弱点のあぶり出しに繋がって、大いに意味のある解析となりました。

ラベル:親指シフト
posted by 141F at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | oyayubi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック