2006年08月30日

連続シフトを数値化してみよう。(続)

昨日のに少し手を加えた 小梅 1.22 beta6-2 で試してみました。

・>・・<<>・・<・<・>・・<>>・
・・・<・・・・・・・・・・・・・・・・
・>・・・・>><<・>・>・>・>・・
・<・>・><・・>・・>>・・・・>>
>・・・>・<>><・・>・<>・・・<
・・・・<・・・<・・・><>>・・・・
<・<・・<・・>・>>・・<・・
00001200000000000120
00000000000000000000
00000012120000000000
00000000000012000012
30000001200000000000
00000000000000120000
00000000001200000
アンシフト
85字(62%)
左シフト
21字(15%)
うち連続シフト 4字(3%)
右シフト
31字(23%)
うち連続シフト 15字(11%)

アンシフト率が Nicola を越えてやれやれですが、連続シフトが有効なのかどうかは、数値で見る限りはなんとも微妙です。連続シフトとなった部分を列挙してみると、

  • さま
  • きで
  • ちあ
  • わせ
  • がで
  • ごつご
  • くだ
  • でき
  • ねが

連続させてもよさげなのは「くだ(さい)」と「でき(る/ます)」ぐらいで、ほとんどやる意味がありませんね。おお、「できあがり」は右シフトの5連だ。

関連記事

連続シフトを数値化してみよう。
2006-08-23
posted by 141F at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | oyayubi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック