2012年05月03日

DvorakJ + ATOK2012 での確定アンドゥ

DvorakJ 2012-05-03 版と ATOK2012 の組み合わせで、確定アンドゥの挙動がやっぱりおかしいことを報告します。

DvorakJ では、順に打鍵する配列に対応する都合上、[Ctrl] + [Back Space] を入力したら [Ctrl] + [Back Space] を発行し、それからいくつかの処理を行っている。これらの一連の処理のどれかと、ATOKの確定アンドゥの処理が整合的ではないようなのだ。

私のキーカスタマイズは MSIME も ATOK も VJE スタイルベースで、確定アンドゥの発行は確定直後に[無変換]キーを押し下げることで実行され、[Ctrl]キーの発行とは無縁です。

DvorakJ + MSIME の挙動

この組み合わせは期待通りに動作します。

DvorakJ + MSIME 変換中

DvorakJ + MSIME 変換中

DvorakJ + MSIME 変換確定

DvorakJ + MSIME 変換確定

DvorakJ + MSIME 確定アンドゥ

DvorakJ + MSIME 確定アンドゥ

DvorakJ + MSIME 再変換確定

DvorakJ + MSIME 再変換確定

DvorakJ + ATOK の挙動

この組み合わせでは、末尾1字のみが再変換対象となり、先頭の文字が残ります。

DvorakJ + ATOK 変換中

DvorakJ + ATOK 変換中

DvorakJ + ATOK 変換確定

DvorakJ + ATOK 変換確定

DvorakJ + ATOK 確定アンドゥ

DvorakJ + ATOK 確定アンドゥ

DvorakJ + ATOK 再変換確定

DvorakJ + ATOK 再変換確定

ATOK の挙動

DvorakJ を終了させると、ATOK も期待通りの動作となります。

ATOK 変換中

ATOK 変換中

ATOK 変換確定

ATOK 変換確定

ATOK 確定アンドゥ

ATOK 確定アンドゥ

ATOK 再変換確定

ATOK 再変換確定

症例を分かりやすく示すため、画像を入れ替えました。

関連記事

右Ctrl と [Back Space] で [Ctrl] + [Back Space] を発行する際の問題点と改善策
blechmusik2の日記
2012-05-03
同手シフトはどの指で発生しているのか
2012-05-01
タグ:DvorakJ ATOK
posted by 141F at 14:40| Comment(3) | TrackBack(0) | pc / tool | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「DvorakJ + ATOK 確定アンドゥ」の画像のような症状が当方では再現しません。よろしければuser\setting.iniと使用中のキーボード配列の設定ファイルを送って下さいませんか。
なお、VJEスタイルとAutoHotkeyの無変換キー関連の処理の関係についていくつか検証してみました。そのことから分かるのは、現行のDvorakJでは日本語変換時にbackspaceをなぜか出力してしまっているということです。もっとも、日本語変換中にbackspaceを出力しても、VJEスタイルなら、当方の環境ではとくに害は無いようです。
http://d.hatena.ne.jp/blechmusik2/20120506/1336277796
Posted by blechmusik at 2012年05月06日 13:28
当該ファイルを e-mail で送付しました。ご査収ください。

試しにATOKスタイルに変えて Ctrl-Backspace の発行で変換アンドゥを試してみたら、このエントリーと同様の症状が発生しました。
Posted by 141F at 2012年05月06日 18:44
ありがとうございます。確かに受け取りました。
141Fさんの設定ファイルをもとに動作を確認したところ、問題の症状が再現されました。
ログを表示して調べて分かったのは、上記のコメントにて書きましたリンク先のページと同様の挙動が現れていることです。文字列変換中に無変換キーを押すと無駄なbackspaceキーが発行されてしまっています。
これは私の環境では無害でしたが、141Fさんの環境では有害でした。その違いを生み出していたのは「間隔」の「キーを発行する毎に何ミリ秒遅延させるか」の設定でした。私は普段この設定を0ミリ秒に設定しているのですが、0よりも大きい値に設定すると、141Fさんと同様の症状が現れました。
不要なbackspaceが出力されてしまう不具合を根本的に修正するまで、お手数をおかけしますが、「間隔」の「キーを発行する毎に何ミリ秒遅延させるか」を0に設定してください。
Posted by blechmusik at 2012年05月07日 01:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/268297375
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック