2012年08月30日

蜂蜜小梅配列 ユーザレビューを発見

だいぶ遅くなってしまいましたが、今度は蜂蜜小梅配列じゃー と題されたユーザレビューにコメントします。

  • 親指シフト(NILOLA)を練習してみたが、手持ちのキーボード(Majestouch 日本語テンキーレス)は「無変換」「変換」が離れすぎており、また最下段のキートップのエッジが立っていて指の腹が痛くなるなど、絶望的に親指シフトに向いていなかった。

(中略)

  • しかし英語配列キーボード&Mac/Windowsで共用できる環境の構築に苦戦し、親指シフトの不要な新下駄配列に走る。

(中略)

  • (前略)親指シフト系の他のかな配列に手を出してみる。新下駄配列のせいでもう拗音拡張無しでは耐えられない体になってしまったので、蜂蜜小梅配列をチョイス。名前もファンシーだし。
  • あらびっくり超快適。蜂蜜小梅配列のために日本語配列キーボードを使うことにする。

FILCO Majestouch シリーズのキーボードを使って(*1)、新下駄配列経由で蜂蜜小梅配列にたどり着くというストーリーは、どちらも私の想定を超えていました。

*1) という解釈でいいんですよね?

蜂蜜小梅配列の良かったところ も含めて、私の主張を概ね追認していただけたようで、ありがたく拝見しました。

疑問点への回答

蜂蜜小梅配列の?なところ
  • 新下駄配列にもあった'()'をまとめて入力する機能が、「[{」キーと「@'」右親指シフトの2カ所にアサインされています。何故…
  • 一方'「'と'」'は同じ「P」キーの右親指シフト/左親指シフトという変則的な配置。何故…
    (左シフト4, 5でも入力できるのでどうでも良いですが)

前者については DvorakJ と、やまぶき系いずれも、

[右親指]×[@]
丸括弧ペア()を入力して
カーソルを1つ戻す(カーソルを丸括弧の中へ移動)
入力を確定する
左角括弧[キーの単独打鍵
丸括弧ペア()を入力して
カーソルを戻さない
確定しないで変換待ち

という定義にしています。左角括弧キー[の単独打鍵では、あえて変換確定しないことで、キーボードから直接入力できない《》や【】などのペアが入力しやすいように狙っています。

後者については、何度も書いてますが、私は[P]キーが嫌いで、こんなところにカナを置きたくありません。しかし、記号の置き場所としては、最上段よりも上段の[P]方が打ちやすい。そこで、記号の中でも頻度が高いカギ括弧ペアを[P]のシフト側に置いています。

[P]キーを親指シフトと共に「えいやっ!」と打ち込む打鍵感が、カギ括弧に似合っていると思うのですが、いかがでしょうか。

左シフト[4][5]のカギ括弧は Nicola 配列互換として残しています。

謝辞

KeyRemap4MacBook用の設定を公開していただきました。ありがとうございます。

蜂蜜小梅配列 2.5.2版

ラベル:蜂蜜小梅配列
posted by 141F at 01:04| Comment(1) | TrackBack(1) | oyayubi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わざわざご回答頂きありがとうございました!
やまぶきR用設定ファイルを参考にしていましたが、
()の設定の違いは見落としていたので反映したいと思います。
Posted by Culloden☆Muir at 2012年09月03日 21:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

蜂蜜小梅配列 2.5.3 版です。
Excerpt: 無シフトからピリオド「.」とカンマ「,」を追放しました。
Weblog: Weblog 61℃
Tracked: 2012-09-05 02:33