2007年01月20日

小梅配列のカナの打鍵範囲。

親指シフトとカナの打鍵範囲。 の続きです。

小梅配列のカナの打鍵範囲は、主として二つの理由から決めています。

◎●●●●・●●●・・
 ●●●●●◎●●●●・
  ◎●●●●●●●●●・
  1. Nicola からの継承を基本とする。よって小指伸は使わない。
  2. さらに、手首を動かさないと届かないキーにはカナを置かない。

後者を言い換えると、指を「エイヤ!」と伸ばさないと届かないキーにはカナを置かない、となります。この条件によって Nicola とは、

  • にはカナを置かない。
  • にもカナを置く。

という違いが生じています。

エイヤ!ゾーン(笑)。

手首を動かさないと指が届かないキーとして、私は QYP@ の4つのキーを掲げます。手の形や指の長さの違いといった客観的な条件や、主観にも左右されるため、この「エイヤ!ゾーン」は人によって違いがあるのかもしれません。

WERTUIOP@
 ASDFGHJKL;:
  ZXCVBNM,./_

T が OK で Y が NG な理由。

親指シフトとは、両手の親指が左右の親指キーの上にいつでも乗っていなければならない入力方式です。動かせない親指に引っ張られて、親指以外の各指も動きが規制されるため、指の自由度が低い入力方式とも言えます。

小梅配列は一般的な 106/109 キーボードで使うことを前提とした、親指シフトの日本語配列です。そして親指キーは、

  • 変換キーを右親指
  • スペースキーを左親指

として使うことを想定しています。 は OK で は NG としたのは、右手側の親指キーが両手の中間から遠くなっているのが原因です。とはいえ が遠く感じるのは事実なので、使用率はそれなりに低く抑えています。

エイヤ!ゾーン「QYP@」に置いたカナの数。

Nicola
カナ6個
Tron 2005-1011
カナ8個
飛鳥 21C-339
カナ11個
小梅 1.3.0 beta
カナ2個
さら 20061022
カナ5個

親指シフト各配列の中で小梅は、エイヤ!ゾーンのカナの数が2個と最小です。できることなら にもカナを置きたくないんですが、他の条件との兼ね合いもあって、妥協策として低頻度な半濁音のカナ2個を置いています。

カナと記号。

エイヤ!ゾーン以外の27個のキーに配置した記号は、音引き(長音記号)「ー」とピリオド「.」だけ。あとはすべてカナで埋め尽くしています。句読点の位置を Nicola と互換にするという意味もありますが、

  • 手首を動かさなくても届くキーには、カナを優先的に置く。

を徹底した結果でもあります。だから、句読点「、。」もエイヤ!ゾーンに追い出してしまいました。音引き「ー」以外の記号は、

  1. 指をエイヤ!と伸ばして記号を打つ。
  2. 姿勢が乱れたので1拍休む。

とエイヤ!ゾーンに置いても、打鍵に特に支障はないと判断しているからです。もしかすると小梅は、「カナ」と「記号」を最も差別して配置している日本語配列かもしれません。

posted by 141F at 01:51| Comment(3) | TrackBack(1) | oyayubi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ♪

> 小梅配列は一般的な 106/109 キーボードで使うことを前提とした、親指シフトの日本語配列です。

一般的な106/109日本語キーボードでしたら,親指キーは

- 変換キーを右親指
- 無変換キーを左親指

であるべきだと思いますよ。それに基づいたとしても,[Y]が[T]と比べて指を「エイヤ!」と伸ばさないと届かないキーというのには同意です。多分その理由は別にあって,右手は[後退][取消][Enter(改行)]なども担当するので,右方向の動きには強いけど,左方向の動きは苦手なのかも知れません。これは,英文タイプでも同じ事情だと思います。
Posted by azuki at 2007年01月21日 12:33
コメントありがとうございます。

[無変換]キーを左親指キーにすると、私の現在の環境では左手人差指が[T]に全然届きません。もちろん、キーボードによる違いが大きいことは知っています。べき論で[無変換]キーを左親指キーにすえるとするなら、小梅も[T]を使わない仕様に変えなければいけません。

[T][G][B]を少しでも打ちやすくするために、小梅配列では[スペース]キーを左親指キーとすることを推奨します。
Posted by 141F at 2007年01月21日 23:35
おはようございます♪

> [T][G][B]を少しでも打ちやすくするために、小梅配列では[スペース]キーを左親指キーとすることを推奨します。

ああ,なるほど。小梅配列では,英文タイプと比べて左手を気持ち右方向にシフトして入力する感じですね。
Posted by azuki at 2007年01月22日 07:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

小梅配列のカナの打鍵範囲(補足)。
Excerpt: 小梅配列のカナの打鍵範囲。 の補足です。
Weblog: Weblog 61℃
Tracked: 2007-01-31 03:50