2007年01月23日

10万字サンプルで見る蜂鳥配列 X-001

またもや清濁分置の新しい親指シフト配列が登場です。スクリプトによる解析は清濁分置の親指シフトにどのような新風をもたらすのか、興味津々です。日本語の配列なのに我が国には生息しない鳥の名前を付けるのはどうだろうという気もしますが、野暮な話はやめときましょう。

例によって10万字サンプルで紐解きます。どうせですから、親指シフト系かな配列 蜂鳥配列 X-001英数/記号用キー配列 Dusk Layout X-002 の組み合わせで計算していきます。

計算基礎

蜂鳥配列X-001キーマップ

この状態で解析します。カナや記号の不足分を、空き地に適宜追加しています。

指別使用頻度グラフ

蜂鳥配列X-001指別使用頻度

まずは狙い通りといったところでしょうか。中指系っぽい数値にも見えます。

上下段別使用頻度グラフ

蜂鳥配列X-001シフト頻度

これはお見事ですね。清濁分置を生かして、ホーム段にいっぱい押し込んでいます。

交互打鍵と片手連打

蜂鳥配列X-001交互打鍵と片手連打

蜂鳥配列X-001左右別片手連打

手前味噌になりますが、この項目だけは小梅配列に一日の長があるかと。

同指異鍵と同手跳躍


同指異鍵 同手跳躍
蜂鳥 X-001 4.4% 3.1%
小梅 1.3.0 beta 5.4% 4.7%
小梅 1.23 5.0% 3.5%
Nicola 6.8% 5.0%
Tron 2005-1011 7.8% 5.9%
飛鳥 21C-340 7.1% 4.7%
さら 20061022 7.2% 4.7%

とんでもない数値が出てきました。まさに計算配列の面目躍如なんですが…。文書別に見ると憲法前文で 2.7%/1.2% と驚異的な数値になっていることもあって、タイプによってバラつきが大きいのが少々気になります。

キー別の使用頻度グラフ

蜂鳥配列X-001キー別使用頻度

落とし穴はこんなところにありました。要改善ですね。「い」が にあるというのは、逆転の発想なのかもしれません。

おわりに

キー別の頻度が条件を満たしていない時に、同指異鍵や同手跳躍で良好な数値が出てくる場合が多々あります。また「し」と「で」が異シフト同鍵だと、せっかくの倍速打鍵が活かせなくてもったいないです。失礼を承知で言いますが、まだまだこれからというのが正直な感想でした。次版に期待してます!

posted by 141F at 01:53| Comment(3) | TrackBack(1) | oyayubi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
解析ありがとうございます。
細かい点ですが、Dusk X-002の6と9は逆です。

簡単に計算して数値的にも問題ありだったもののとりあえず公開したので、まだまだこれからなのは承知しています^^;

こうして色んな点を見ると面白いですね。
悪位置の使用率が低いので見た印象ほどではないと思いますが、[FMLA] 辺りはもう少し軽くしたいところです。
Posted by eisuu-kana at 2007年01月23日 11:41
ツッコミ失礼しました。

数字の部分は後で訂正しますね。濃い地色に黒文字の画像はマジで読みにくいです、と要望しておきます。
Posted by 141F at 2007年01月23日 22:53
>ツッコミ失礼しました。
いえいえ。
むしろ詳しく解析していただいて大喜びですよ。(笑)
今後の参考にします。
(とはいえ、次版はいつになるかわかりませんが..)

>濃い地色に黒文字の画像はマジで読みにくいです
Duskは次版を作成中なので、その表はもう少し見やすくします(^^;
(既存のものも気力があれば)
Posted by eisuu-kana at 2007年01月24日 01:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31931162
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

10万字サンプルで見る蜂鳥配列 X-001(補足)
Excerpt: 昨日の配列マップで、最上段の数字部分に誤りがありました。正しいものを改めて掲げておきます。
Weblog: Weblog 61℃
Tracked: 2007-01-24 01:26