2007年01月28日

本日の配列−小梅 1.3.0 beta12-6

「ください」が打ちにくいので、「さざ」と「せぜ」を入れ替え。下段の「さざ」はどうだろう。

強調 は 1.23 版との差分です。〓 は未定義。

小梅配列 無シフト面

1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 − ^ ¥
 。 な て そ ほ ・ お の に , 、 :
   る は ー ん い し  BS EC
   . ょ ゅ さ ゃ っ  す ら  _

小梅配列 左シフト面

? / 〜 「  」 & ’ < > + = ‘  
 ぺ せ も ね げ  」 ゛ ゜
  を わぃ ぁ ぐ じ  BS EC
   ゆ ふ よ ろ ぢ ず ぇ べ !

小梅配列 右シフト面

! ” # $ % [ ] ( ) { }  
 ぱ ぜ で ぞ ぼ 〓 け 「  * ;
  が づぉ あ く り  BS EC
   ぷ ぶ ぽ ざみ え へ ?

小梅配列 小指シフト面

! ” # $ % & ’ < > ^ = ‘ |
 Q W E R T Y U I O P @ [
  A S D F G H J K L ; : ]
   Z X C V B N M , . / _

本日の不思議発見2。

「う」と「す」以外の文字では Nicola の癖が現れないというのが、何とも不思議です。

「う」
Nicola では
小梅では (1.0版〜1.11版と 1.22版〜1.23版)
「す」
Nicola では
小梅では (1.22版〜1.3.0版 beta)

左右対称なところに亡霊は現れるのかい?

posted by 141F at 01:48| Comment(4) | TrackBack(0) | oyayubi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>左右対称なところに亡霊は現れるのかい?

タイピングの際のエラーの現れ方にはいくつかのパターンがあるようです。

大昔、タイピング練習ソフト(英文用)を使ったことがあり、その結果の分析の中にエラーの種類別に分類したものがあったと記憶しています。

左右対称(例えばfとjを打ち間違う)、順番が逆転する(theをtehとする)、同じ指で段を間違える(jとuを間違える)、指を間違える(kとlを間違える)等の分類がされていたと思います。

こうしたエラーの出方を合理的に説明することは、おそらく人間の生理学的、認知科学的知見が必要で難しいと思いますが、いずれにしても間違いに何らかのパターンがあるということを知っているのは大事なことかと思います。

文字の配列に当たってもこうした視点を取り入れることは有益ではないかと考えますが、私に具体的な方法論がある訳ではありません。
Posted by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 2007年01月28日 10:36
──
それは決まって文字を修正する時。◎を消して「う」を打つとか、■を消して「す」を打つ時だけ、A や C を打ってしまって、やれやれと思うのでした。
(from http://61degc.seesaa.net/article/32188113.html )
──
 この説明から推測するに、通常の入力時点では「前後の文字と併せて、指の連続的な打鍵動作で覚えている」から打ち間違えない……のかもしれないですね。
 
 神田さんの【コンピュータ──知的「道具」考──】pp.93〜98では、「子供に限り、かつ単独で文字を例示する場合に限り」印刷字体において「さ」と「ち」の区別が付かない……という話が載っていました。
 これを拡大解釈すると「たとえ成人しても、左右の区別をきちんとするにはそれなりの注意力が必要となる」のかもしれません。

 今までずっと使い続けてきたNICOLAの運指が「単独の打鍵でのみ出る」という理由は、もしかするとこういうところに由来しているのかも……と。
 脳の記憶に関する仕組みが「HDDのような書き換え方式」ではなく「CD-Rパケットライトのような追記方式」であるならば、こういう癖が出ても不思議はないような気がします。

 「錯誤がなくなるまでトコトン練習」するよりは、「錯誤が発生しないように配列側で対処する」ほうが、もしかすると処置としては現実的なのかもしれないですね……特に、小梅はNICOLAから移行する先として試す方が増えそうな予感がしますので、このあたりへの対処はどうしても必要になりそうな気がします。
Posted by かえで(yfi) at 2007年01月28日 22:34
今日は「は」(小梅では [G] )を打とうとして、[H](Nicolaの「は」)を打ってしまいました。左右対称には、間違いを呼びやすいメカニズムが働くのかもしれません。

あ、でも、「し」は小梅で [K] ですが、Nicola の [S] と打ち間違えた覚えはないですねぇ。謎です。Tron から蜂鳥に乗り換えたら、[J] から [F] に変わった「い」を打ち間違えたりするんでしょうか?

誤打鍵が頻出して困るというわけではないので、特に対策を講じる必要はないと思いますけど…。

ところで、左右対称の打鍵は気持ちのいい打鍵の一つであることは確かですが、これが誤打鍵の呼び水になっているなんてことはありませんよね?
Posted by 141F at 2007年01月29日 02:33
そそ。「さば」「さば」「さば」と風にはためく幟の行列に、「なんでこんなところでサバの宣伝をしているんだろう」といぶかしげに眺めたら、実は「ちば」キャンペーンだったというのは、よくある話ではあります(笑)。
Posted by 141F at 2007年01月29日 02:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック