2007年03月19日

「惜別 455系と仲間たち」を掲載しました。

惜別 455系と仲間たち (Website 61℃)

仙台空港鉄道の開業に伴って仙台地区から撤退すると伝えられている455系などの2扉電車をしのんで、国鉄末期の在りし日の画像25枚を掲載しました。急行電車が都市輸送という新天地を得て、まばゆく輝いていた頃の懐かしい光景をお楽しみください。

posted by 141F at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 61℃ info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ほとんど見るだけで乗った記憶がないのですが、さすがにちょっと惜しいかも……と思いました。
 とはいえ、このステップを経ないと「仙台空港←→山形」の直通計画が進まない気もしますし、ある意味しかたがないことなのかも……ゴールデンウィーク中にその臨時列車を走らせるらしいという話だけは聞いたのですが、これが成功して「休日ダイヤへ組み込まれる」ようになることを期待してみたいところです。
Posted by かえで(yfi) at 2007年03月19日 00:48
日曜日は2扉車がまだ使われていたようですね(^_^;)

そもそも空港線は採算が取れるのかという疑問もありますが、それはまた別な話。仙台圏が3扉電車で統一されること自体は、喜ばしいことだと思っています。
Posted by 141F at 2007年03月20日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック