2015年07月22日

液晶テレビに買い替えた

プラズマテレビ から 液晶テレビ に買い替えました。37V型フルHD未満の ALISパネル から65V型 4K2Kパネル に切り替わって、面積比で3倍超、画素数比では7.5倍にもなる圧倒的な物量差に、身体がまだ慣れません。

65V型 Bravia

画面はハメ込み合成ではありません。

大画面有機ELテレビの登場を機に、「プラズマから替えるなら今しかない!」とスタートさせた買い替え計画でしたが、有機ELテレビはまだ高すぎて、どうにも手が届きません。ターゲットを 55V型フルHDテレビ ⇒ 55V型4Kテレビに切り替えていろいろ比較して、Regza リードで最終コーナーを迎えたものの、最後の直線でまさかの Bravia がガラスパネルを武器に差し切ってゴール! 現品特価で65V型に化ける、想定外のオマケまで付きました。

テレビ台も一緒に買い替えましたが、65V型は横幅が広すぎで、アンプをテレビ台とは別のラックに入れる「こだわり」は、泣く泣く諦めました。

「液晶だからしょうがない」と感じることは今のところ特になくて、スタッフロールを楽に読めたり、レコーダやアンプ、スマホと簡単に連携できる幸せをかみしめています。

在りし日のプラズマテレビの佇まい

在りし日の Wooo

「2015年の目」で見ると、額縁の広さばかり目立ちます。

関連記事

近況いろいろ秋
2014-09-21
リビングオーディオ刷新計画(2)
2013-06-17
リビングオーディオ刷新計画
2013-06-12
プラズマTVの電気代は本当に高いのか。
2009-01-02
デジタル化。
2008-03-10
タグ:TV
posted by 141F at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | audio visual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422773335
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック