2016年02月25日

蜂蜜小梅配列の右手小指

親指Blog さんの、閑話:蜂蜜小梅の現状 と題された記事に回答します。

 あと、蜂蜜小梅でも右小指は疲れる。ローマ字のその4にもかいたが、やはりENTERを小指で打つのが問題かもしれない。(まあENTERを薬指で打っても小指にダメージが行っている気がするのだが。)

 そもそも句読点が小指の受け持ちというのがちょっと納得いかない。Pの打鍵を避ける蜂蜜小梅なら、小指への負担軽減ももう少し考えて欲しかった所だ。私はPの打鍵にそれほど抵抗がないので「ね」をPの単独打鍵に割り当てている。蜂蜜小梅では本来の「ね」の位置は右シフト+「:」なので、右シフトをミスタッチすると「BS」になってしまうのが凄く嫌なのだ。小指の使い方はもう少しオリジナルの配列に修正したほうが、自分にはあっているかもしれない。

小梅配列〜蜂蜜小梅配列で句読点を小指に置いた理由は、これまで何度も説明してきました。ポイントは以下の2点。

  • 句読点の入力キーを Nicola 配列互換とした。
  • 打ちやすいキーにカナを集中的に配置した。「記号は二の次」で辺境キーへ。

句読点はそこそこ頻度が高いので、小指に置く他のカナを吟味して、指別の打鍵頻度「中指>人差し指>薬指>小指」を厳守しています。結果として、右手小指の打鍵頻度は Nicola 配列とほぼ横並びになっています。

左右指別の打鍵頻度グラフ(親指キー含む)

[:]キーのシフト側

「Backspace」キーのシフト側へカナを配置したのは、《蜂蜜小梅配列の発明》と自負していますが、フォロワーがなかなか現れません(苦笑)。「ぴ」の置き場所にとことん困って、苦し紛れに見つけ出した《新大陸》が [:]キーのシフト側でした。当然ながら、[P]キーよりも打ちやすい、と私自身は判断しています。

カギ括弧は「論理」キー、角括弧は[物理]キー(qwerty基準)と書き分けています。

「思わねえ」「狙った」「練り物」「インターネット」「ネピア」などと、「ね」を入力したつもりが「Backspace」になって困ったことは、皆無とは言いませんが、ほとんど記憶にありません。

[:]キーのシフト側より[P]キーの方が打ちやすいと感じるならば、打ちやすいキーにカナを優先配置するのが合理的だと私も思います。

[Enter]キーを何に使う?

それにしても、《右手小指だけが疲れる》と自覚できるほど、[Enter]キーって使います? 端的に言うと、《変換の確定》を[Enter]キーで行うことに何故こだわるのか、私には理解できません。

入力から変換・確定に至る一連の動作を、私は次のようにカスタマイズしています。

  • 「親指」キーは[スペース][変換]
  • 「右親指」キーで《変換/次候補》
  • [無変換]キーで《注目文節右》
  • 「左親指」キーで《全確定》

ご覧の通り、変換は右親指、確定は左親指! Nicola ユーザだった頃からずっと、重心低いです。編集作業などは別にして、日本語を入力する局面に限れば、改行以外で[Enter]キーを打鍵することはまずありません。

こういうスタンスなので、[Enter]キーが近いからと英語キーボードにこだわったり、[I]キーや[E]キーとかの特等地に(カナを押しのけてまで)機能キーを配置したりするのが、残念に思えてしょうがない。

蜂蜜小梅配列は、《スペースキーで確定する人》が作成したハイブリッド同時打鍵の日本語配列です。覚えておいて損はありません(笑)。

関連記事

「ぴ」と記号の一部を見直した。
2012-02-13
没ネタ三題。
2012-01-12
右手小指の前後の打鍵を分解する。
2009-02-15
※小梅配列時代の解析記事です
Qと@の句読点。
2006-12-29
届かぬP
2006-03-21
Nicola 三種の神器
2006-03-19
どの指で変換を確定するか
2006-02-15
posted by 141F at 03:17| Comment(4) | TrackBack(0) | oyayubi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はローマ字入力をしていた頃からの習慣で、

「スペース」…変換/次候補
「Ctrl+N」…部分確定
「Ctrl+M」…全文確定
※CtrlはAの左

という設定にして、左右小指の疲労度と気分?によってEnterキーと使い分けています。
これを全部Enterキーでやるとなると、確かに小指が疲れるような気がしますね。
Posted by 通りすがり at 2016年02月27日 01:56
はじめまして

半年ほど前にChange Keyという素晴らしいフリーソフトに出会って、ちょこちょこ弄って左親指にEnter、右親指にspaceを配置することを発見して似たような人がいたんだと嬉しくなってコメントしているローマ字入力の者です

本文最後の
>スペースキーで確定する
の意味が解らなかったのですが

> 「親指」キーは[スペース][変換]
> 「右親指」キーで《変換/次候補》
> [無変換]キーで《注目文節右》
> 「左親指」キーで《全確定》

というのはスペースキーにEnterを設定しているということですか?
Posted by 胡椒 at 2017年03月04日 03:41
こんにちわ。

《変換/次候補》《注目文節右》《全確定》というのはすべて、IME(かな漢字変換)のキー設定の割り当てです。

[スペース]キーは、IME off 時は半角空白の入力としてのみ動作しますが、IME on 時は

・単打 ⇒ 全角空白の入力
・文字入力と同時打鍵 ⇒ 「左親指」キーとして機能して左シフト面のカナ・記号を入力
・かな漢字変換時 ⇒ 全確定

と局面によって打鍵時の動作が異なります。 
Posted by 141F at 2017年03月04日 23:27
ご無沙汰しております。親指Blogのhooliganです。
コメント頂いてから悠久の時を経てしまいましたが、自分なりの結論を出しました。
ご笑読いただければ幸いです。

http://oyayubi.hateblo.jp/entry/2017/03/09/191121
Posted by hooligan at 2017年03月09日 20:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434240517
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック