2018年08月11日

【真逆の関係】蜂蜜小梅配列と薙刀配列

薙刀配列が面白すぎる!

蜂蜜小梅配列の作成者=私=から見た薙刀配列の世界は何もかもがあべこべで、まるで「鏡の国の日本語配列」です。よくぞここまで、ことごとく正反対の日本語配列が生まれてきたものだと感心するしかありません。

現時点での最新版 V8(US対応バージョン)のポインタを記します。効能書きを改めてご一読ください。

【薙刀式最新】v8(US対応バージョン)
大岡俊彦の作品置き場
2018-07-05

蜂蜜小梅配列と薙刀配列はどこがどのように違っているのか、思いつく限りの相違点をリストアップしてみました。

蜂蜜小梅配列 比較項目 薙刀配列
カナ系
親指キー同時2シフト
+文字キー同時シフト
< 基本形 > カナ系
文字キー同時シフト
+親指キー同時1シフト
親指キー同時シフト(同手シフト) < 文字入力のシフト > 親指キー同時シフト(他手シフト)
親指キー同時シフト(他手シフト) < 濁音のシフト > 文字キー同時シフト(他手シフト)
文字キー同時シフト(他手シフト) < 半濁音のシフト > 文字キー同時シフト(他手シフト)
蜂蜜マトリックス(他手シフトのみ) < 拗音(外来音)の入力 > 対象カナ同時打鍵
※ 同手シフト・3キー同時打鍵あり
左右交互打鍵 < 優先したもの > アルペジオ打鍵
利き手ではない左手の打鍵の連続 < 排除したもの > 薬指・小指・小指伸の打鍵
[P][Y][B] < 嫌った物理キー > [T][Y][:][@][Q]
左手人差し指 < 最優先で保護したい指 > 左手薬指
素早さを活かしたカナ入力優先 < 人差し指の使い方 > 句読点、濁音、半濁音、カーソル等を配置
小指・無シフト < 句読点の配置 > 人差し指・シフト側
使わない < 連続シフト > 使う
普通のキーボードで使うことを想定 < キーボード > 専用キーボードを推奨
最小限の定義(ユーザに任せる) < 機能キー > 積極的に定義
ない < 入力速度・長文入力に対する
配列作者のこだわり >
あり
[空白]単独打鍵で確定
※ 蜂蜜小梅配列の規定外
< かな漢字変換後の確定操作 > [V]×[M]同時打鍵で[Enter]

基本形こそ親指キー同時シフトの「2シフト」と「1シフト」で近似しているものの、他の項目は「半濁音のシフト」が一致する以外はことごとく正反対になっています。彼我の差はいったいどこから生まれたのか、本当に不思議です。

仕事で使うか使わないかの違いが大きなファクターの一つではないかと疑っていますが、こればかりは仮説をどんなに積み上げても立証できない気がします。

理由をもう一つ掲げるとすれば、私の配列作りは兎にも角にも[P]キーを嫌ったことが発端でした。薙刀配列とは親指キー2シフト⇔親指キー1シフトとシフト方式が異なるので、嫌う物理キーも違ってきます。だから、成果物たる日本語配列も別物になる、と。これも鶏が先か卵が先か、という話かもしれませんが。

え? なになに? ローマ字入力から親指シフトにするか迷ってるって? ボーっと生きてんじゃねえよ!

posted by 141F at 00:47| Comment(0) | oyayubi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。