2007年07月05日

萩尾望都 / 山へ行く

萩尾望都 / 山へ行く

シリーズ「ここではない☆どこか」の1作めとなる短編集。

親と子。子と親。兄弟。夫婦。恋人。親戚一同。侵入者。もう一人の自分。相手を想う気持ち。貴方に伝えたい気持ち。追憶と憧憬と夢。春夏秋冬。ベールとアンブレラ。やわらかい陽射し。

飄々と読むうちにいつしか術にハマってしまい、最後の一編『柳の木』で涙腺がまさかの決壊です。マンガにしかできない映像表現に、見事にしてやられました。

posted by 141F at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | book / magazine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46778094
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック