2007年07月10日

右親指が疲れてしまうから。

新しいキーボードで試していた最下段のマッピング

試用中のマッピング

[Alt][かな][無変換][変換][空白][Alt]...

これ↑を、

元々使っていた最下段のマッピング

元々のマッピング

[Alt][無変換][空白][変換][かな][Alt]...

元に戻しました。それはなぜか。

変換中のキーの役割

新しいキーボードで試していた最下段のマッピング

[Alt][...][全確定][変換/次候補][注目文節右][Alt]...

強調は右手側を示す。

これだと誤変換を修正する時に、右親指だけやたらと忙しいんです。ASKeyboard を使っていた頃は、こんな不便を抱えていたんですね。当時は全く気付いていませんでした。

元々使っていた最下段のマッピング

[Alt][注目文節右][全確定][変換/次候補][...][Alt]...

元に戻すと、入力以外の変換から確定に至る過程で、左右の親指の使用頻度が感覚的に均衡します。

関連記事

またまたキーボードを新調した。
2007-07-08
posted by 141F at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | pc / tool | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック