2007年08月05日

RSSリーダーによるFeedの劣化を比較する。

RSSリーダーによってFeedはどのように劣化するのか、以下に掲げる9種類を対象に、先のサンプル記事 を画像化して比較検証しました。

比較対象

IE7
Weblog 61℃オリジナルの表示
IEコンポーネントを使用したHeadline-Reader Liteの表示
Firefox 2.0.0.6 + Stylish
Weblog 61℃オリジナルの表示
Bloglinesの表示(ユーザースタイルシート未適用)
Bloglinesの表示(ユーザースタイルシート適用)
Google Readerの表示(ユーザースタイルシート未適用)
Google Readerの表示(ユーザースタイルシート適用)
Livedoor Readerの表示(ユーザースタイルシート未適用)
Livedoor Readerの表示(ユーザースタイルシート適用)

ユーザースタイルシートは、「Bloglines で決まり、かな?」に掲載したものを、Stylish経由でwebサービス型のRSSリーダー各種に適用します。

比較結果

画像が大きめなので、代替としてサムネイルを表示します。リンク先は等倍=最大で左右760×天地592ピクセル(サイズ14.4KB)=の画像です。

IE7 / Weblog 61℃オリジナルの表示

IE7 / Weblog 61℃オリジナルの表示

引用元を表示できないのはともかく、<q>要素による引用を相変わらず無視しているのが痛い。

IE7 / Headline-Reader Liteの表示

IE7 / Headline-Reader Liteの表示

スタイルシートを適用しない、IE7のプレーンな表示に近いと思われます。Seesaaが吐き出すFeedはhtmlの構造そのままであることが、よく分かります。 「続き」の存在が不明となってしまった以外は、十分に満足できる水準です。 webサービス型のRSSリーダーは 相対パスで指定された画像の表示が困難ですが FC2ブログやYAHOOブログなど特定のブログサービスでは、絶対パスで指定した画像でも表示されなかったりしますが、アプリケーション型のRSSリーダーはブラウザと同様に何の問題もなく表示できます。このアドバンテージは、使い込むほどじわじわと効いてきます。

Firefox2 / Weblog 61℃オリジナルの表示

Firefox / Weblog 61℃オリジナルの表示

検証範囲に限って言えば、文句なし! アクセス解析によれば読者が使っているブラウザは未だにIE6が最多ですが、IEユーザにこそFirefoxの情報量の多さを見てほしいものです。

Firefox2 / Bloglinesの表示(ユーザースタイルシート未適用)

Firefox / Bloglinesの表示(ユーザースタイルシート未適用)

Bloglinesはフレームを使っていたり、テーブルレイアウトだったりして、技術的には古さを感じますが、だからこそ安定して使えるのかもしれません。<pre>要素で改行が余分に描画されています。

Firefox2 / Bloglinesの表示(ユーザースタイルシート適用)

Firefox / Bloglinesの表示(ユーザースタイルシート適用)

引用部分のcite属性やtitle属性が生きていることが分かります。表組みのsummaryも削除されずに配信されていました。

Firefox2 / Google Readerの表示(ユーザースタイルシート未適用)

Firefox / Google Readerの表示(ユーザースタイルシート未適用)

表組み内部の枠線が描画されないことを除けば、まずまずでしょうか。

Firefox2 / Google Readerの表示(ユーザースタイルシート適用)

Firefox / Google Readerの表示(ユーザースタイルシート適用)

引用部分のcite属性やtitle属性は削除されていました。

Firefox2 / Livedoor Readerの表示(ユーザースタイルシート未適用)

Firefox / Livedoor Readerの表示(ユーザースタイルシート未適用)

最強調<strong>と引用<blockquote>、表組みの見出し<th>以外は全滅です。表組みのborder属性が削除されて枠線が表示されなくなったばかりか、colspan属性も無視されてしまったので、表組みがとても見づらくなっています。

Firefox2 / Livedoor Readerの表示(ユーザースタイルシート適用)

Firefox / Livedoor Readerの表示(ユーザースタイルシート適用)

見出しとキャプションが、本文と区別できません。これを「Feedの劣化」と呼ばずして何と呼びましょうか。ベータ扱いのサービスとはいえ、ちょっとひどい。英語版のfast ladderも試してみましたが、Feedの劣化という点では全く同じでした。

比較のまとめ

ブラウザ IE7 Firefox2
RSSリーダー Headline Bloglines Google Livedoor
ユーザーCSS 未適 適用 未適 適用 未適 適用
段落 <p>
改行 <br />
強調 <em> × ×
強調 <strong>
見出し <h4><h5><h6> × ×
引用 <q> × ×
引用 <blockquote>
引用部のcite属性 title属性 × × × ×
整形済みテキスト <pre>
キャプション <caption> × ×
表組みの枠線 border属性 × ×
表組みの桁 colspan属性 × ×
表組みの見出し <th>
「続き」の表示 「Feedの劣化」とは無関係な不適当な項目だったので削除
Feed劣化指数(△と×の数) 2 2 0 2 0 2 2 7 7
相対パスで指定した画像
おまけ)
FC2ブログとYAHOOブログの
画像表示
× × × × × ×

「△」は、ソースに含まれているのに画面表示に反映されていない状態を示す。

だから私はFirefox + Stylish + Bloglinesを選びます。

「Feedの劣化」という観点でRSSリーダーを論じた記事が見当たらなかったので、改めてまとめてみました。どこまで許せるかは人によって違うんでしょうね、きっと。

posted by 141F at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
RSSリーダーで [続き] が表示されないのは
ソフトウェア側の問題ではなく、Seesaaブログの
フィードが [続き] 以降の内容を出力していない
ことが原因です。
フィード自体が劣化しているのであって、
RSSリーダーが劣化させている訳ではありません。

また、相対パスで指定された画像の表示に関しても
"アプリケーション型ができる" "webサービス型はできない"
ということではありません。
相対パスの処理を考慮されているかどうかの問題
ですのでアプリケーション型でもできないものも
ありますし、webサービス型でもできるものもあります。

Headline-Reader 作者
Posted by t.o at 2007年08月06日 08:42
ご指摘ありがとうございました。

「続き」が表示されないのはSeesaaに限った話ではありませんが、ご指摘の通りFeedそのものに「続き」があるか否かが含まれていませんでした。

画像についても、絶対パスか相対パスかは関係ない部分で表示できたりNGだったりしていることが分かりました。

記事を修正しておきます。
Posted by 141F at 2007年08月07日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック