2008年03月10日

デジタル化。

長らく使い続けてきた

  • 29" CRT + VTR

という組み合わせから、

  • 37V PDP + HDD

という構成に、やっと衣替えしました。FEDかSEDが出てくるまで待つつもりでしたが、CRTの寿命が先に尽きてしまいました。スペックだけを見れば各社から発売されている液晶TVが優位なのは明らかですが、目に優しいことを何よりも優先してプラズマTVを選びました。野球もフィギュアスケートもWRCも、どれを見ても違和感ゼロなので、プラズマを選んで正解だったと思っています。

しかし、我が家の薄暗いリビングでは、店頭デモ用の設定は論外としても、標準の設定でもまぶしくて目がつらい! 試行錯誤を重ねて、

明るさ
−20
黒レベル
−12
色の濃さ
−12

という暗くてぼやけた設定で、ようやく満足できそうです。

HD放送でスタッフロールを見て、SD放送が見捨てられつつあることに初めて気付かされました。

TVが薄型化したことで、上に乗れなくなった林檎♥だけが不満げな表情を見せています(笑)。

posted by 141F at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | audio visual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック