2008年03月19日

粛清。

Technics ST-7300

テレビの入れ替えに伴ってオーディオ周りの整理に迫られ、全然使わなくなっていたFM/AMチューナーを処分することにしました。Technics ST-7300 とついにお別れです。1977年購入ということは、30年以上も付き合ってきたんですね。感無量です。FM誌片手にエアチェックしまくっていたのも今は昔、ここ数年は劣化(エージング)が進行してステレオ復調ができなくなっていました。長い間お疲れさまでした。

LD/CDコンパチプレーヤーも一緒に処分したんですが、こちらは特に感慨もなく。LDソフトが二度と見られなくなったのは痛いですが、50枚も持ってないのでまあしょうがないかと。

それにしても、こういう被写体は歪曲収差が目立ちますね。最期ぐらいちゃんと撮影してあげたかった orz

posted by 141F at 01:21| Comment(2) | TrackBack(0) | audio visual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさです。
いやぁ、懐かしいブツを拝ませていただきました。
私も使ってましたコレ。(って知ってましたね)
エアチェック用の信号音が出るんですよね。
長い間お疲れ様でした。

ちなみにGX−F91で録音したカセットを
今でも聞くことがあります。
レンジの狭さ、歪は仕方がないとしても、ハッ!
とする事があり 今使っているCDPを疑いつつ
ありますw
Posted by なのしゃ at 2008年04月07日 00:31
こちらこそお久しぶりです。SPケーブルはその後いかがでしょう?

私はと言えば、PC+アクティブスピーカーでmp3を流すのがすっかり
メインになってしまいました。これ以上の「ずぼらな再生」はあり
ません(笑)。本来のメインシステムは、CDPも10年超の選手になって
しまいましたが、こちらは月に一度も稼働させているかどうか orz
Posted by 141F at 2008年04月07日 01:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック