2007年01月28日

菜の花咲いた。

新川の菜の花

新川ゆらゆら橋近くの畑で、菜の花がいっぱい咲いてました。

  • Dst : 43.46km
  • Tm : 2:19:28
  • Av : 18.7km/h
  • Max : 32.2km/h

迂回させられた場所があって、いつもよりちょっとだけ距離が長め。これだけの距離を似たような時間で走ってしまうマラソンのトップアスリートたちは、ホントにとんでもない人たちだ。

posted by 141F at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

とりぱんデビュー。

8枚切りの食パン1袋をディスカウントストアで買って、土曜日は相方と一緒に近所の川へゴー! カモとカモメを相手に、パンをちぎっては投げ、ちぎっては投げを繰り返して楽しみました。ユリカモメは空中でキャッチしてくれるし、オナガガモは岸に上がって催促するし、鯉まで参戦してカモたちが逃げ惑うしで、想像以上に愉快でした。百円未満でこんなに楽しめるアトラクションは、他にはまずないでしょう。癖になりそうです。

帰り際、ツグミがヒヨドリにいじめられる瞬間を目の当たりにして、あまりにもマンガのまんまで大笑いしたり。

あまりにも夢中だったせいか、写真を撮る気になりませんでした。逃げられたらつまんないしね。

で、今日は案の定、肩が筋肉痛デス orz

P.S. 今夜は The Brecker Brothers / Heavy Metal Be Pop を聴いて合掌 (-人-)

posted by 141F at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

台風一過。

久しぶりの晴天に勢いよく出かけたものの、あまりの強風と水たまりの多さに嫌気がさしてすっかり戦意喪失。それなら今日はいろんな写真を撮ってやろうと決めて、自転車でのんびりと流しました。

公園の倒木
公園の倒木。

咲き乱れるコスモス
めげずに咲き乱れるコスモス。

湧き水
汚水枡からの湧き水。
大雨の後でしか見られない光景?

解体中のセントレジアス
解体中のセントレジアス。

ハンドルバー周り

前照灯を増灯した。これで夜長も怖くない。
自転車も親指シフトwww。

posted by 141F at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

彼岸花

稲刈りが済んだ田んぼの脇で、曼珠沙華が咲き乱れていました。秋です。

曼珠沙華

バイクに乗っていた頃も、あるいは徒歩でもそうなんですが、同じ道を単純に往復する散歩っていうのが、どうにも好きになれません。改めて自転車に乗り出した今は、いくつかの川筋を走り接いで一周するおよそ40kmのルートを、好んで何度となく走っています。 花見川CR は何度走っても楽しい、本当に素晴らしいサイクリング・ロードです。最後の一辺を繋ぐ海沿いのエリアで、決定版となるルートがなかなか見付けられなくて苦労していたりもしますが。

新調した自転車 は、1カ月が経ってようやくポジションが固まってきました。腕と手が先に痛くなったり、お尻ばかり痛くなったりしないで、両者のバランスがとってもいい感じです。身体が慣れてきたというのもあります。

あとは、何にも増して安全第一です。今日は加速することに集中していて、クルマが脇道から停まらずに飛び出してくるのに気付きませんでした。急ブレーキで事なきを得ましたが、ブレーキが甘いママチャリだったらクルマの横に激突してたと思います。何事も慣れてきたな〜と思う頃が一番危ないんですよね。桑原桑原。

posted by 141F at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

自転車を新調した。

今まで、いわゆるシティ車と呼ばれるママチャリに毛が生えたような自転車に乗ってきましたが、市街地での乗り心地の悪さに耐えかねて、思い切って新調することにしました。

最初は前後サスペンション付きのMTBルック車にしようかと考えましたが、ネットで調べたり、店舗で現物を見たりしているうちに…

  • 軽いアルミフレームのがいい。
  • 廉価車のリアサスはペダルロスが大きいらしい。
  • ロゴが派手なのは恥ずかしい。

などの理由で、最終的には色が決め手になって、オレンジな Giant Rock4500SE を選びました。色が派手なのは気になりません(笑)。

Giant Rock4500SE

太いタイヤとフロントサスペンションで、段差を乗り越えるときの突き上げがかなり軽減されました。この乗り心地だったら、体力の許す限り、遠出をする気にもなるというもの。サイクルコンピュータを取り付けたので、走行距離が分かるのも嬉しかったりします。暑いこの季節は、走行 10km 毎に 500ml ペットボトルの水を消費することが分かりました。したがって燃費は 20km/l で、案外よろしくないみたいです(苦笑)。

乗ってみて初めて分かる誤算というのも当然ありまして、まずはフラットバーハンドルとはいえスポーツ車です。前傾姿勢がきつくて、体重が掛かる手のひらや手首が辛い。夏場といえどもグローブ着用は必須ですね。ワイドレシオなリアの7段変速もイマイチっぽい。

ま、身体を少しずつ慣らしていきますか。

ラベル:自転車
posted by 141F at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

とりあえず元気です。

ご無沙汰でした。興味の対象が外に向いている時期は、あまり書く気になれなくてね…。

暇を見付けては自転車に乗ること3カ月、筋肉がだいぶ戻ってきました。調子こいて1日に4時間とか乗ってしまうと、その後の筋肉痛がしんどいですが。ただ乗るだけでは飽きてしまうので、最近はテーマを設けて出掛けたりしています。中でも「川の源流を探す」のが最近のお気に入り。都市河川の小さな支流一つ一つにドラマがあって、廃線跡をたどるのと似たような面白さがあります。余計な上り下りがないのも、自転車乗りには好都合ですし。

東葉高速2000系
河川と鉄道も相性がいい

蛇足ながら、マウスは5ボタンが好きで、中でも断トツでインテリマウス・エクスプローラを支持します。器用ではない小指側にボタンがあると、それを押さないようにマウスを持つのに気を遣って、指がつりそうになります。

posted by 141F at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

ディスカバーご近所♪

最近は自転車にハマっています。体力不足を痛感して、手軽な全身運動を試してみようと再び乗ってみたら、これが実に面白い。脚の筋肉に張りが戻ってきたことも単純に嬉しいんですが、自分ちの近所がこんなに面白いとは知りませんでした。ホントに「ご近所再発見!」って感じです。

今日なんか、川沿いを走る道路の脇でミドリガメが産卵しているのを見付けました。やけに見掛けると思ったら、やっぱり繁殖していたんですね。撮影で邪魔してしまったのか、完全に埋め戻さないまま親亀はどっかに行ってしまいました…。

産卵中のミドリガメ
道路脇に産卵中のミドリガメ
ミドリガメの卵
ミドリガメの卵

ガソリン代はもちろん掛かりませんが、蒸気機関車並みに定期的な給水が必須なので、自転車って燃費が案外悪いな〜と思ってみたり(笑)。

posted by 141F at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

サヨナラの日。

愛車 BMW R1100RT を手放しました。最近はバイクにめっきり乗らなくなって、せいぜい年に数回走るかどうかというレベル。悩んだあげく、車検を機に売ってしまいました。8年落ちで5万キロ超でも、そこそこ値段が付くところはさすがと言うか。

read more...
posted by 141F at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

振り返れば奴がいる。

セントレジアス船橋2006-02
全貌を現したセントレジアス船橋
2006年2月
セントレジアス船橋2005-12
ヴェールに覆われていた頃
2005年12月

いわゆる姉歯物件のセントレジアス船橋が、その全貌を露にしていました。最上階と階下の10F、11Fには窓ガラスが入っていないのが、下から見上げてもよく分かります。

交差点を振り返れば、建物と建物の隙間から東横イン船橋の姿が…。こちらも使用禁止命令が秒読み段階だとか。

東横イン船橋
振り返れば東横イン
2006年2月

関連記事

廃墟三景
2005-12-19
posted by 141F at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

蕾ふくらむ

梅の蕾

梅の蕾がふくらみ始めていました。春はもうすぐです。

posted by 141F at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

積雪深14cm超

積雪深14cm

吹きさらしになってる階段の踊り場で測ったら、積雪は14cmを越えたかなという感じ。雪面の飛び魚がないと、おちおち歩いていられません(笑)。

read more...
posted by 141F at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

銀世界

積雪
16時頃

この冬二度目の雪で、千葉としては本格的な積雪となっています。ここまで積もってるのは2001年1月以来、5年ぶりです。

関連記事

積雪再び
2001-01-27
posted by 141F at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

嵐は去りぬ

水溜まりの月

1日中あれだけ降り続いたのに、ふと気付けばベランダの水溜まりに月が映えていました。今宵は満月。

posted by 141F at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

初詣は成田山へ

ようやく晴れたので初詣に出掛けました。千葉県民のくせに成田山への初詣は初めてです。3日めだから空いているだろうと思ったら、甘かった。参道も境内もご覧の通りの混雑です。

成田山表参道

成田山山門

成田山新勝寺

滞ることがほとんどなくて、ゆっくりでも流れてくれたのは、まだ空いてた方なのかも。お参りしておみくじを買ったあとは、広い境内を一通り散策してから違う道で帰ります。参詣客相手のお店や屋台がいっぱいあって、それらを眺めてるだけでも来た甲斐がありました(笑)。

posted by 141F at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

ムクドリが飛ぶ頃

ムクドリの群れ

JR津田沼駅付近でムクドリが群れをなして舞っていました。映画 Deep Blue で描かれた海中のイワシの大群のように、群れ自体に意思があるかの如く右へ左へ飛びながら分かれたり集まったり。何羽が集まっているのか、見当も付きません。

posted by 141F at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエー津田沼店跡

サンペデック
ダイエーのロゴは外された
内装は撤去済
内装は撤去された

11月いっぱいで閉店したダイエー津田沼店の跡地を眺めてきました。サンペデックそのものはレストラン街や一部の専門店が引き続き営業中ですが、主を失った影響は計り知れず、人通りはかなり寂しくなっていました。

中を覗くと内装はほぼ撤去されていました。エキゾチックタウンに人があふれていた光景は、まさに十年一昔です。

関連記事

さよならダイエー
2005-11-12
posted by 141F at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

廃墟三景

耐震強度偽装問題の渦中にあるマンションを、野次馬根性まるだしで眺めてきました。ヒューザー/木村建設/姉歯ラインで建築され、途上で放棄された グランドステージ船橋海神 は、ネットに覆われていてよく分からないものの、外装はほとんど完成していたようです。

グランドステージ船橋海神
グランドステージ船橋海神

強度計算が不可能なほどでたらめな設計がなされて、自重で崩壊するとさえ言われたグランドステージ船橋海神は、強度偽装が発覚する前からあまりの強度不足で工事中断を余儀なくされていたとか。「誠意と技術で未来を築く」「安全を総てに最優先する」という木村建設のスローガンが、虚しくはためいていました。

震度5強の地震が10年に一度発生し、揺れが30秒間続くと仮定すると、この場所に10分滞在する間に遭遇する確率は単純計算で 0.00019% 。この数値を高いと見るか、低いと見るか。

read more...
posted by 141F at 02:00| Comment(0) | TrackBack(1) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

晩秋の輝き

全国的に冬全開なわけですが、千葉ではまだ秋が頑張っています。

黄葉した楓1

黄葉した楓2

温暖な千葉とはいえ、今週は真冬並の寒さが続いています。今宵も深々と冷えてきました。

posted by 141F at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

紅葉真っ盛り

紅葉した楓

とある坂を登り切ったら、楓がいい具合に色付いていた。民家の庭先に植えられた樹なので、気を遣いながら切り撮っていく。画角やアングルを変えたり、ローキーやハイキーを試したりしてたら、十数枚なんてあっという間だ。135mm 相当で絞り開放だと、1/2.5型 CCD でも画面左側はボケてしまった。

房総の紅葉は今週末あたりが見頃だろうか。ここ数年は意識して通っているが、どんぴしゃのタイミングで見たことが一度もない。

関連記事

房総の紅葉2004

posted by 141F at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

映える。

夕映え

ようやく盛りを迎えた紅葉と競うように、ビルの壁面が真っ赤に輝いていました。

多分に漏れず、夕焼けの写真は数え切れないほど撮影していますが、反射しているのを撮ったのは、もしかしたら初めてかも。晩秋らしい澄み切った空の透明感にあふれていて、お気に入りの一枚となりました。

それにつけても、これぐらいの明るさで ISO100 で 1/4 秒になってしまう、コンパクトデジカメの業の深さよ。手ブレ補正か高感度路線か画素混合か、その手の機能が何か一つ備わってないと、手ブレ地獄からは逃れられません。ええ、今日もいっぱい手ブレしましたとも…。

posted by 141F at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | walk / ride | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする