2011年11月08日

「こちら」はどちら?

リンクの案内を「こちら」や「ここ」などと表現する悪習は、どうして絶えないんでしょうね。さほど便利な手法とも思えないのに不思議です。

関連(しているかもしれない)記事はこちら。

こちら
2010-12-08
こちら
2007-08-01
こちら
2007-06-30
こらち
2007-04-07
こちら
2007-04-02

「こちら」じゃないのが多少混じっていても気付かないと思われ(笑)。名無しのリンクはさすがに気が引けるので、title 属性を各々付与しています。

自分の過去記事を「こちら」呼ばわりするだけならまだしも、「詳しくはこちらのサイトを参照」とかのぞんざいな扱いには辟易してしまうこともしばしば。

関連記事

記事のタイトルを有効活用する。
2007-04-07
引用と記事のタイトル。
2007-04-02

リンクの案内としてどちらが適切かは一目瞭然ですよね。引用と記事のタイトル。 というエントリーに 記事のタイトルは適切に。と記したのと同様、リンクの案内も適切に行いたいものです。

ラベル:HTML
posted by 141F at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

段落表示についての私見。

「改段落で1字下げを何故やらないのか」と聞かれたので、今さらの話題ですが回答しておきます。端的に言えば、web 上では必要ないという判断から排除しました。

段落の表示例

改行+1字下げ

 例によって例の如く、本日から1年間を猶予期間と定めて、期間内に改版欲求が生じなかったら、それ以降は改版を行いません。
 サイトの更新と鶯配列の解析は、もうしばらくお待ちください。

印刷物(CMYK)と異なり、画面表示(RGB)は横書きなこともあって、印刷物と同様の改行+1字下げでは改段落が分かりづらい。全体として読みにくいので却下。

1行空きのみ

例によって例の如く、本日から1年間を猶予期間と定めて、期間内に改版欲求が生じなかったら、それ以降は改版を行いません。

サイトの更新と鶯配列の解析は、もうしばらくお待ちください。

改段落が分かりやすく、読みやすい。段落を論理的に示す <p> 〜 </p> 要素のデフォルト表示で必要十分条件を満たすので、私はこれを採用します。

1行空き+1字下げ(インデント)

例によって例の如く、本日から1年間を猶予期間と定めて、期間内に改版欲求が生じなかったら、それ以降は改版を行いません。

サイトの更新と鶯配列の解析は、もうしばらくお待ちください。

改段落は1行空きで表現できているのに、さらにインデントするのは屋上屋を架すが如く。伝えたいのは段落が改まったことであって、1字下げたことを伝えたいのではありません。

人の好みは十人十色ですから「1行空き+1字下げ」での改段落を否定はしませんが、形式にこだわりすぎているようにも思えるし、総じて私は冗長と判断します。

蛇足ながら、全角空白とインデントは違います。


<style type="text/css">
<!--
p	{text-indent:1em;}
-->
</style>

段落頭毎に全角空白が挿入されていることと、段落毎に明示的にインデントが行われていることは、論理的には全く異なります(注)。段落毎に[スペース]の無駄な打鍵を繰り返し、さらに段落毎に2バイトを無益に捨ててしまうことは、長文になるほど効いてきます。

全角空白は全角空白でしかありませんが、インデントは CSS を加工するだけで字下げしなかったりn字下げしたり、あるいは下記のドロップギャップ等に全文の表示を制御できます。

1行空き+最初の段落にドロップギャップ

例によって例の如く、本日から1年間を猶予期間と定めて、期間内に改版欲求が生じなかったら、それ以降は改版を行いません。

サイトの更新と鶯配列の解析は、もうしばらくお待ちください。


<style type="text/css">
<!--
p:first-letter {
	font-size: 180%;
	font-weight:bold;
	line-height: 1;
	background-color: #c00;
	color: #fff;
	padding: 3px;
	margin-right: 5px;}
-->
</style>

見栄えは面白いけど、繰り返すとくどいので却下。

段落表示は TPO に合わせて。

印刷前提の文書では私も1字下げで改段落を表します。以前は web 上でも同様にしていましたが、CSS を手なずけるのに夢中だった 2004〜2005年辺りから現在のスタイルに改めました。

ラベル:HTML CSS
posted by 141F at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

RSSリーダーによるFeedの劣化を比較する。

RSSリーダーによってFeedはどのように劣化するのか、以下に掲げる9種類を対象に、先のサンプル記事 を画像化して比較検証しました。

比較対象

IE7
Weblog 61℃オリジナルの表示
IEコンポーネントを使用したHeadline-Reader Liteの表示
Firefox 2.0.0.6 + Stylish
Weblog 61℃オリジナルの表示
Bloglinesの表示(ユーザースタイルシート未適用)
Bloglinesの表示(ユーザースタイルシート適用)
Google Readerの表示(ユーザースタイルシート未適用)
Google Readerの表示(ユーザースタイルシート適用)
Livedoor Readerの表示(ユーザースタイルシート未適用)
Livedoor Readerの表示(ユーザースタイルシート適用)

ユーザースタイルシートは、「Bloglines で決まり、かな?」に掲載したものを、Stylish経由でwebサービス型のRSSリーダー各種に適用します。

比較結果

画像が大きめなので、代替としてサムネイルを表示します。リンク先は等倍=最大で左右760×天地592ピクセル(サイズ14.4KB)=の画像です。

IE7 / Weblog 61℃オリジナルの表示

IE7 / Weblog 61℃オリジナルの表示

引用元を表示できないのはともかく、<q>要素による引用を相変わらず無視しているのが痛い。

IE7 / Headline-Reader Liteの表示

IE7 / Headline-Reader Liteの表示

スタイルシートを適用しない、IE7のプレーンな表示に近いと思われます。Seesaaが吐き出すFeedはhtmlの構造そのままであることが、よく分かります。 「続き」の存在が不明となってしまった以外は、十分に満足できる水準です。 webサービス型のRSSリーダーは 相対パスで指定された画像の表示が困難ですが FC2ブログやYAHOOブログなど特定のブログサービスでは、絶対パスで指定した画像でも表示されなかったりしますが、アプリケーション型のRSSリーダーはブラウザと同様に何の問題もなく表示できます。このアドバンテージは、使い込むほどじわじわと効いてきます。

Firefox2 / Weblog 61℃オリジナルの表示

Firefox / Weblog 61℃オリジナルの表示

検証範囲に限って言えば、文句なし! アクセス解析によれば読者が使っているブラウザは未だにIE6が最多ですが、IEユーザにこそFirefoxの情報量の多さを見てほしいものです。

Firefox2 / Bloglinesの表示(ユーザースタイルシート未適用)

Firefox / Bloglinesの表示(ユーザースタイルシート未適用)

Bloglinesはフレームを使っていたり、テーブルレイアウトだったりして、技術的には古さを感じますが、だからこそ安定して使えるのかもしれません。<pre>要素で改行が余分に描画されています。

Firefox2 / Bloglinesの表示(ユーザースタイルシート適用)

Firefox / Bloglinesの表示(ユーザースタイルシート適用)

引用部分のcite属性やtitle属性が生きていることが分かります。表組みのsummaryも削除されずに配信されていました。

Firefox2 / Google Readerの表示(ユーザースタイルシート未適用)

Firefox / Google Readerの表示(ユーザースタイルシート未適用)

表組み内部の枠線が描画されないことを除けば、まずまずでしょうか。

Firefox2 / Google Readerの表示(ユーザースタイルシート適用)

Firefox / Google Readerの表示(ユーザースタイルシート適用)

引用部分のcite属性やtitle属性は削除されていました。

Firefox2 / Livedoor Readerの表示(ユーザースタイルシート未適用)

Firefox / Livedoor Readerの表示(ユーザースタイルシート未適用)

最強調<strong>と引用<blockquote>、表組みの見出し<th>以外は全滅です。表組みのborder属性が削除されて枠線が表示されなくなったばかりか、colspan属性も無視されてしまったので、表組みがとても見づらくなっています。

Firefox2 / Livedoor Readerの表示(ユーザースタイルシート適用)

Firefox / Livedoor Readerの表示(ユーザースタイルシート適用)

見出しとキャプションが、本文と区別できません。これを「Feedの劣化」と呼ばずして何と呼びましょうか。ベータ扱いのサービスとはいえ、ちょっとひどい。英語版のfast ladderも試してみましたが、Feedの劣化という点では全く同じでした。

比較のまとめ

ブラウザ IE7 Firefox2
RSSリーダー Headline Bloglines Google Livedoor
ユーザーCSS 未適 適用 未適 適用 未適 適用
段落 <p>
改行 <br />
強調 <em> × ×
強調 <strong>
見出し <h4><h5><h6> × ×
引用 <q> × ×
引用 <blockquote>
引用部のcite属性 title属性 × × × ×
整形済みテキスト <pre>
キャプション <caption> × ×
表組みの枠線 border属性 × ×
表組みの桁 colspan属性 × ×
表組みの見出し <th>
「続き」の表示 「Feedの劣化」とは無関係な不適当な項目だったので削除
Feed劣化指数(△と×の数) 2 2 0 2 0 2 2 7 7
相対パスで指定した画像
おまけ)
FC2ブログとYAHOOブログの
画像表示
× × × × × ×

「△」は、ソースに含まれているのに画面表示に反映されていない状態を示す。

だから私はFirefox + Stylish + Bloglinesを選びます。

「Feedの劣化」という観点でRSSリーダーを論じた記事が見当たらなかったので、改めてまとめてみました。どこまで許せるかは人によって違うんでしょうね、きっと。

posted by 141F at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

RSSリーダーによるFeedの劣化を比較する(サンプル)。

RSSリーダーによってFeedがどのように劣化するのか、比較検証するためのサンプルです。結果は改めてエントリーします。ここは<p>による一つ目の段落です。

<p>による二つ目の段落です。
<br />で改行します。<em>で強調します。<strong>で最強調します。

<br /><br />改行を重ねて空行を作ります。

<h4>の見出し

この部分は<q>で引用します。

<blockquote>で引用します。引用部にはcite属性とtitle属性を付加します。

<pre>整形済みテキストです。通常は等幅フォントで表示されます。
The quick brown fox jumps over the lazy dog. 1234567890
改行がそのまま反映されます。
<h5>の見出し
<caption>表組みのキャプションです。
<table> <th>見出し1 <th>見出し2
この部分は 枠線付きの 表組みです。
<thead>と <tbody><tfoot>は未使用です。
Firefoxではsummary属性を右クリックで確認できます。
read more...
posted by 141F at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

スタイルシートでは文字の折り返し位置を制御できない。

html と css は全く同じでも、読み手の「ブラウザでのフォント指定」が異なれば、文字の折り返し位置は簡単に違ってきます。固定幅レイアウトの Website 61℃ を、Opera 9.22 が描画した画像で例示します。

  • css で本文幅を 620px に固定
  • css で本文のフォントサイズは 100% と指定
  • その他、送り手が指定しうる条件は完全に同一

読み手がブラウザで「本文フォント14px」を指定

本文フォントに14pxを指定

読み手がブラウザで「本文フォント18px」を指定

本文フォントに18pxを指定

文字の大きさをどれぐらいにすれば読みやすいかは、読み手次第で、まさに千差万別です。固定幅のレイアウトであろうとなかろうと、html と css で文字送りを掌中に治めようとするのは、無駄な努力と言えます。

posted by 141F at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

Bloglines+改行コード+<pre> でハマる。

思わぬところでハマっています。

  • Bloglines が出力する、あるフィードの改行は LF
  • Bloglines が出力する、別なフィードの改行は CR+LF

というキテレツな仕様なので、

  • 整形済みテキスト <pre></pre> で囲んだ部分は、html 中の改行をそのまま表示する
  • Firefox は LF と CR+LF の描画が違う

この違いを吸収するのは、css だけでは無理ぽ。どんだけ〜(違

posted by 141F at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

Bloglines で決まり、かな?

いろいろと試行錯誤していた RSS リーダーですが、

  • 基本的には S キーと J キーで読む。
  • 指定したフォルダ順に読んでいける。
  • RSS(フィード)の中身がフィルタリングされていない。
  • 表の「枠線あり」指定がちゃんと表示される。
  • スペースバーで読み進めた時に、予期せぬ挙動をしない。
  • 別なタブから戻った時に、フォーカスが迷子にならない。

ここらへんが決め手となって、定番の Bloglines に収まりそうです。

Firefox で Bloglines を読む時のユーザースタイルシートをさらしておきます。userContent.css や stylish にコピペして使えるはず。フォントサイズや色の使い方は適当なので悪しからず。

html で使われている要素や属性が気になる人向け Bloglines ユーザースタイルシート


/* [Bloglines] edit 2007-07-27 */

@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml);
@-moz-document url("http://www.bloglines.com/myblogs"),
        url-prefix("http://www.bloglines.com/myblogs") {
p {
  margin:0.5em 0;
  } 
a.bl_itemtitle:link {
  color:#037 !important;
  background-color:inherit;
  font-size:80% !important;
  }
a.bl_itemtitle:visited,
a.bl_itemtitle:active {
  color:#703 !important;
  background-color:inherit;
  font-size:80% !important;
  }
a.bl_itemtitle:hover {
  color:#f00 !important;
  background-color:inherit;
  font-size:80% !important;
  text-decoration:underline !important;
  }
a.blines2:link,
a.blines3:link {
  color:#00c !important;
  background-color:inherit;
  }
a.blines2:visited,
a.blines2:active,
a.blines3:visited,
a.blines3:active {
  color:#703 !important;
  background-color:inherit;
  }
a:hover,
a.blines2:hover,
a.blines3:hover {
  color:#f00 !important;
  background-color:inherit;
  text-decoration:underline !important;
  }
h3:before {
  font-size:10px;
  color:#999;
  background-color:#fec;
  font-weight:bold;
  content:"<h3>";
  }
h4 {
  font-size:large;
  font-weight:bold;
  }
h4:before {
  font-size:10px;
  color:#999;
  background-color:#cfe;
  font-weight:bold;
  content:"<h4>";
  }
h5 {
  font-weight:bold;
  }
h5:before {
  font-size:10px;
  color:#999;
  background-color:#ecf;
  font-weight:bold;
  content:"<h5>";
  }
h6:before {
  font-size:10px;
  color:#999;
  background-color:#fce;
  font-weight:bold;
  content:"<h6>";
  }
blockquote {
  margin:0 0 0 2em;
  padding:1ex;
  border-style:solid;
  border-color:#999;
  border-width:0 0 0 4px;
  }
blockquote:before {
  display:block;
  color:#999;
  background-color:#eef;
  content:"「"attr(title)"」から引用";
  margin:0 0 1ex 0;
  padding:1ex;
  font-size:80%;
  font-weight:bold;
  }
blockquote:after {
  display:block;
  color:#999;
  background-color:#eef;
  content:"引用元 URI : "attr(cite)"";
  text-align:right;
  margin:1ex 0 0 0;
  padding:1ex;
  font-size:80%;
  font-weight:bold;
  }
q:before { 
  color:#c00;
  background-color:inherit;
  content:" 《 ";
  }
q:after { 
  color:#c00;
  background-color:inherit;
  content:" 引用元URI : "attr(cite)" 》 " ;
  }
pre {
  color:inherit;
  background-color:#ffe;
  border:solid 1px #090;
  padding:1ex;
  margin:0.5ex 0.5ex 0.5ex 1em;
  white-space:-moz-pre-wrap;
  }
em {
  font-style:normal;
  font-weight:normal;
  color:#f00;
  background-color:inherit;
  }
strong {
  font-style:normal;
  font-weight:bold;
  }
}
posted by 141F at 02:37| Comment(0) | TrackBack(1) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

Bloglines も試して中。

定番中の定番 Bloglines も試してみます。さすが定番と言われるだけあって、表示や動作が安定しています。<table> 要素の枠線もちゃんと表示されますし、cite 属性も反映されますね(注)。えらいぞ!

注) Firefox で Stylish を用いて、ユーザースタイルシートを適用しています。

Google Reader は、表示はともかく操作が煩雑で、動作もイマイチ不安定に思えるので、見切ります。

しばらくは、Livedoor Reader と Bloglines を併用します。

posted by 141F at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

Google Reader も試して中。

ものはついでで Google Reader を試しています。英語版しかありませんが、そこらへんは何とか。フィードの描画は Google Reader の方が断然好ましいのですが、キレのある速さではやっぱり Livedoor Reader ですね。悩ましいです。

posted by 141F at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

Livedoor Reader に乗り換えた。(3)

Livedoor Reader のフィードの表示で、改めて気になったこと。

  • <h4><h5> 等の小見出しが、区別して表示されない。
  • <table> 要素で示される表組みの枠線が、boder 属性で 1 を指定しても表示されない。
  • <q> 要素で示される引用が、区別して表示されない。
  • <blockquote> 要素で示される引用が、区別して表示されない。

最後に掲げた <blockquote> 要素は、Firefox では userContent.css を使って区別して表示することができました。


/* http://reader.livedoor.com/reader/ に適用 */
@-moz-document url(http://reader.livedoor.com/reader/) {
blockquote {
margin:0 0 0 2em;
padding: 1ex;
border-style:solid;
border-color:#999;
border-width:0 0 0 4px;
}
}

同様に <q> 要素も、おそらくは区別することができるはずです。

しかし、小見出し <h?> 要素は、フィード中ではどうやらタグが削除されているようです。<table> 要素の border 属性も、無視されているとしか思えません。 <q> 要素も、どうやらタグが削除されているようで、直前直後に :before :after 擬似要素で括弧を付加しても反映されません。<blockquote> や <q> 要素の cite 属性を引用元として表示させようとしましたが、これもダメ。 フィードの中身が javascript で貼り付けられているようで、表示をどこまで変えられるのか、html のソースを見てもよく分からないし orz

あと、指定したフォルダ順に新着表示して欲しいんですが、どうやら無理ぽ…。

関連記事

Livedoor Reader に乗り換えた。(続)
2007-07-07
Livedoor Reader に乗り換えた。
2007-07-06
posted by 141F at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

Livedoor Reader に乗り換えた。(続)

Livedoor Reader (以下 LDR と略す) に乗り換え2日め。気付いたことをメモしておきます。

新着が反映されるのが遅いです。自力でチェックしに行くアプリケーション型の RSS リーダーに慣れていると、更新のリクエストとクローラの巡回が同期しないウェブ型の挙動は、ちょっとイライラします。

(Opera に比べたら)わりともっさり気味な Firefox でも、動作速度は信じられないぐらいに機敏です。シングルコアの CPU で Excel ベンチを動かしている最中でも、スピード的には全く問題ありません。アプリケーション型の RSS リーダーは、CPU負荷が高いと動作が極端に重くなる点が最大のネックでした。

キーボードショートカットだけで読み進めていけるのがいいと書きましたが、どうせだったら片手で済ませられたらよかったのに…。ながら読みがやりづらいです。

注目フィードを保護しておくよりも、ページを Clip する方が簡単で、使い回すのにも便利ですね。

あと、LDR に限った話ではありませんが、同じフィードが何度も新着で表示されてくるのはうざいです。

関連記事

Livedoor Reader に乗り換えた。
2007-07-06

2007-07-07 の追記

このブログの ping を http://rpc.reader.livedoor.com/ping にも送るようにしました。これで更新の反映が少しは早くなるでしょうか。

posted by 141F at 01:41| Comment(0) | TrackBack(1) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

Livedoor Reader に乗り換えた。

RSS リーダーを3倍速いと噂の Livedoor Reader (以下 LDR と略す)に乗り換えました。なるほど、Livedoor Clip と一緒に使えばいいのですね。了解です!

RSS リーダーを使い始めたばかりの頃、ブラウザ上で動く奴も試してみましたが、当時のは細かいところに手が届かなくて使いにくかったんですよ。それでずっとアプリケーションタイプばかりを使ってきたんですが、某氏の猛烈なプッシュに負けて LDR を試してみたら、速い!易い!うまい! PCの負荷が高まることもないし、これはかなりいいかもしんないヽ(^o^)丿

最近はずっと Headline-Reader Lite を使っていましたが、右手でマウス、左手でカーソルキーというオペレーションはやはり厳しいと言わざるを得ません。LDR のホームポジションを中心としたキーボードショートカットだけで完結する気持ちよさを味わってしまうと、もう元に戻りたくはありません。

Notifier もチラッと使ってみましたが、それよりもログインしっぱなしで、手が空いた時に新着をチェックする方がいいかもしれません。ここらへんはまだまだ試行錯誤です。

posted by 141F at 02:46| Comment(0) | TrackBack(1) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

2007-07-04 の「あわせて読みたい」。

2007-07-04 の「あわせて読む」

かえでさんとことウチと、どちらも読んでる人は多いと思いますが、いちお記念にコピペしとく。

posted by 141F at 02:33| Comment(2) | TrackBack(0) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

2007-07-02 の「あわせて読みたい」。

20070702 の「あわせて読む」

マジでびっくりだよ。どこからそんな判断を…。

posted by 141F at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

画像への直リンクは適切に。

喉にもやもやと引っ掛かっていたものがようやく取れた。そんな気分です。

mynotes.jp > メモランダム > 画像への直リンク その2

画像をimg要素やobject要素で取り込む場合は、a要素でリンクする場合と違って、引用の要件を見たす必要がある(たぶん)。作者がその画像を閲覧者に見せたいと思うだけではだめで、引用する必然性がないといけない。その条件を満たせば引用という形式で画像を直接表示させてもいいはずだ。文章や表は引用できるのに画像だけは特別扱いしなければならない理由はない。HTMLであれば画像をblockquote要素やq要素としてマークアップし、引用元のページをcite属性やcite要素で明示すればいいだろう。適切に画像を取り込む分には何も問題ない。

引用部に全面的に賛同します。よって引用の要件を満たすならば、私が管理するサイト/ブログで使用している画像に対して、許可なしに直リンクを行っていただいてかまいません。ただし、画像の所在や名前等は、予告なしに変更する場合があります。あらかじめご承知おきください。

引用と転載の違いが分からない人もおそらく出てくるでしょうが、その時はその時。トータルでプラス方向に働いてくれればいいかなと。

posted by 141F at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

こんな rss はイヤだ!

下のほどイヤです。

  1. rss の本文に段落がない。
  2. rss の本文が一部しか配信されない。
  3. rss の本文に続きがあるのか否かが分かりにくい。
  4. rss に本文が一切含まれない。
  5. 仕方なく Enter してもサイト本文が読みにくい。
  6. 仕方なく Enter してもサイト本文が表示されない。

(1) はほとんどの場合、書いている本人に悪気はないはず。段落に <p></p> ではなく <br /><br /> を使うブログシステムや Wiki システムが悪い。解読できればそのまま読みますが、Enter してサイト本文を読む方が多いかも。

(2) は仕方なく Enter してサイト本文を読んでますが、著作権保護のため… なんて断りが入るところは rss の購読すらやめてしまいました。アホくさくて付き合っていられません。

(3) は「続き」を多数見逃していると思います。

(4) の場合は「サイト本文を自動的に開く」機能を使っていた時期もありましたが、表示されるまでもたつくのがイヤで、自動展開するのはやめました。タイトルで取捨選択して、一部の読みたい記事だけ Enter します。

(5) は「読ませる気がないんだろう」と判断して、読まずに即、次の rss に行きます。黒地に灰色の文字のレイアウトとか、読めないって。

ITmedia とココログの一部が最近 (6) です。rss 中のリンクをマウスでクリックしてトップページを開けって、正気ですか?

RSSリーダの javascript は切ってあります。

posted by 141F at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

seesaa と goo に問い合わせてみた。

当ブログが goo のブログ検索にヒットしない件について、seesaa と goo にそれぞれ問い合わせました。seesaa は「他社のことは分かりかねます」みたいな、どこか他人事のような答えでちょっとがっかり。対して goo からは、「スパムサイトばっかりだから、seesaa 発の ping は全部無視だゴルァ」と正直な回答をいただきました。すっきり。いやいや、こんなことですっきりしてちゃいかんのですが…。

goo のブログ検索なんか使わないから放置プレイでOKかと思いきや、同じエンジンを使うブログ人検索は日常的にお世話になっているのでした orz 。ブログ人検索はアンテナ代わりとしては使えません。

で、当ブログが取るべき対策は、

  1. 他のブログサービスに引っ越す。
  2. 独自ドメインを取得する。
  3. とりあえず見て見ぬふり。

seesaa と同じくらいに自由度が高いブログサービスとなると、あとは fc2 しかありませんよね。どないすべか…。

posted by 141F at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

記事のタイトルを有効活用する。

Ray さんのブログ では頻出語なのに対して、ここにはほとんど登場しない言葉として、「弱い人差指」を例に採ります。ただし、私はそのものずばりの 「弱い人差指」という表現 と題した記事を書いています。この差が検索結果に、どのような違いとして現れるでしょうか。リンク先がどうなっているのか、ご自分の目でどうぞご確認ください。

「弱い人差指」を google で検索

「弱い人差指」を google でブログ検索

「弱い人差指」を yahoo で検索

「弱い人差指」を yahoo でブログ検索

「弱い人差指」を technorati でブログ検索

「弱い人差指」を ask.jp でブログ検索

この記事の投稿時点では、上記すべてでここ Weblog 61℃ の記事がより上位に出てきます。たとえ一つのテーマで1万字の記事を書いたとしても、タイトルの1語には勝てないんです。これが何を意味するのかを、よく考えてください。記事のタイトルは中身を反映したものであることはもちろんですが、さらにどんなキーワードで検索された時にヒットしてほしいかを考慮して付けたいものです。「飛鳥スレのxxxさんへのレス」なんてタイトルを付けるのは、せっかくの優待チケットを捨ててしまうのに等しい自殺行為です。

負のキーワードでヒットしても嬉しくない? ごもっとも(汗)。だったらこれで検索しる!

「指に優しい日本語配列」を google で検索

求める人に正しく情報を届ける。ちょっとした工夫ひとつで、検索エンジンを自分の味方にすることが出来るのです。普及を本気で考えるならなおさら、日々の行い一つ一つが大切になります。

ところで、html 文書の論理マークアップの有効性を云々する向きもあるようですが、見出しレベル3を意味する <h3>hogehoge</h3> をブログの記事毎のタイトルとして、複数の検索エンジンが認識していることは、上記の検索結果からも明らかです。

そういう意味では、見出しレベル1と2に相当する <h1>ブログタイトル</h1> と <h2>サブタイトル</h2> も重要なんですよね…。確信犯なのでほっといてください orz

goo に遮断されて中。

「弱い人差指」を goo でブログ検索

余談ですが、goo のブログ検索では seesaa ブログとアメブロがまったくヒットしません。まさかと思って「小梅配列」「飛鳥配列」「蜂鳥配列」で検索しても完全無視です。お、「月配列」だとUジローさんのところが出てきますね。ping は毎回送っているんですが、謎です…。

posted by 141F at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

引用と記事のタイトル。

これはエイプリルフールのネタなのか?と半信半疑ながらも、真剣にレスしますので悪しからず。期間限定の記事 とのことなので、いつもより長めに引用します。

正当な引用は当然ながら許可不要です。

yfiさんへのレス(―飛鳥カナ配列☆八年目の飛翔―)

ですから以前から私はそれらの幾つかをこのブログに引用したいと思って、その旨を依頼しました。

しかし、残念ながら〜さんには、その依頼に何の答えも頂けませんでした。他の部分には反論されたりされていたので、依頼の部分も読んでいるはずなので、これは「認めない」と取るしかありません。

う〜、そんなことを言われたような気もしますが、まったく覚えてません orz 。どの記事だったか探そうかとも思いましたが、Ray さんのブログから必要な記事を探すのは、短時間では無理です。それはともかく、おそらく他の項目(複数)に反論なり何なりしているうちに失念してしまい、そのままになってしまったのでしょう。失念してしまったことに関しては、本当に申し訳ないです。

ところで引用については、特に言及する必要もなかろうと、今までは転載禁止にフォーカスしたこんな記述しかしていませんでした。

[61℃] profile > お約束

  • 本ウェブサイトの文章と写真、図版など、コンテンツ一切の著作権は、特筆のない限り私、141F にあります。いかなる場合も無断転載や無断使用はお断わりします。

正当な引用は、例え反対意見であろうとも私には拒む理由がありません。正当な引用や正当なリンクは、今までもこれからも歓迎します。私自身も引用やリンクが正当であるように、引き続き努力します。転載や正当ではない利用は、今後も一切お断りします。

  • 引用に許可は要りませんし、許可なく引用します。
  • リンクに許可は要りませんし、許可なくリンクします。
  • トラックバックに許可は要りませんし、許可なくトラックバックします。
  • 転載や不正利用は一切お断りします。

サイトの記述も近いうちに改めます。

記事のタイトルは適切に。

yfiさんへのレス(―飛鳥カナ配列☆八年目の飛翔―)

極わめつけは、yfiさんも記憶されていると思いますが、このブログの「yfiさんと〜さんへのレス」というタイトルに、許可もなしにご自分のHNを私が使ったことで〜さんが大変きつい言葉で非難されたことです。

なるほど、ここで大きなボタンの掛け違いをされているのですね。では一つ問題を出します。―飛鳥カナ配列☆八年目の飛翔―の 2007年4月1日付けの記事 について、タイトルとしてより適切だと思うものを次の二つから選んでください。

  1. yfiさんへのレス
  2. ブックマークについての考え方

私だったら、読者の利便を意識して、後者「ブックマークについての考え方」を選びます。ご自分のブログに「■■■さんへのレス」というタイトルの記事がいっぱい並んでいたとして、そこから必要な記事をすぐに探し出せますか? 「■■■さんへのレス」というタイトルにしてしまうと、■■■さん以外の人はコメントや言及がやりづらくなってしまい、話が広がらなくなってしまうのも、とてももったいない話です。

メールの Subject でもよく言われることですが、

  1. ■■■さんへ
  2. 新人歓迎会について
  3. 新人歓迎会は4/6(金)19時から和民で

(1)より(2)、(2)より(3)の方が、受け取った方もありがたいことは言うまでもありませんよね。

私が 大変きつい言葉 で怒ったのには、もう一つ理由があります。大変きつい言葉 と受け取られたこと自体に関しては謝罪します。ただし、つい本音が出て 大変きつい言葉 を私が使ってしまった理由を、Ray さんに是非ともご理解いただきたいと願っています。

google に代表される検索エンジンは、ブログの記事毎のタイトルを検索対象としてかなり重視します。私や yfi さんのハンドルネームで検索した時、どんな結果が得られるかご存知ですか?

141F を google で検索

yfi を google で検索 (敬称略の記述で失礼しました)

「"author=141F" を期待して検索したら Ray さんのブログの記事ばかりがずらずらと並んでいた」なんて事態が起きたら、少なくとも私は困ります(汗)。

以上の二つの理由から、記事には適切なタイトルを付けていただけるよう、改めて切にお願いします。

本日のまとめ。

  • 記事には適切なタイトルを付ける。
  • 長い記事には適当に小見出しを付ける。
  • 複数の話題は複数の記事に分割する。

ボタンの掛け間違いを未然に防ぐ意味からも、こんなところに留意していただければと、基本的と思われることも省略せずに触れてあります。意を汲んでいただければ幸いです。

その他、日本語配列に関するあれこれは、本日は余力がないため本稿では触れません。

posted by 141F at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

飽きずにメンテナンス。

飽きずに今夜もメンテナンスです。といっても今度はブログの方を。サイドバーを少しばかり変更しました。align 属性と target 属性を排除して DOCTYPE を strict で宣言しようかとも試みましたが、pewered by Seesaa BLOG の img 要素に border 属性が指定してあって、ここだけはユーザが触れない不可侵な領域なので、断念するしかありませんでした。

「もうちょっと何とかしたい」という部分は、まだまだあります。特に貧弱なカレンダーはどうにかならんのかと思いますが、「先月」なんていう変数があるかどうか分からないので手が出せないでいます。

posted by 141F at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | html / css / weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする