2013年10月27日

すらすらスラッシュ(8)

修正案その7 に微調整を加えます。1.2 版からずっと同手シフトに置くしかなかった半濁音「ぺ」を、「へべ」ペアの隣、[V]キー他手シフトに移動します。半濁音「ぷ」が慣れ親しんだ[C]キーに戻ります。そして捨て仮名「ぁぃぅぇぉゎゃゅょ」を↑←←方向に並べます。

修正案その8

強調 は 2.5.5 版との差分です。〓 は未定義。

無シフト面
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 − ^ ¥
 。 な て せ そ ・ お の に 「」 、 ()
  こ た か  は ー  い し と BS ESC
   ゆ ほ ま ろ  っ う す ら  _
左シフト面
? / 〜 「  」 & ’ < > + = ‘  |
 け よ ― … ゑ び ぎ づ  」 ゛ ゜
  め を も  ぅ ぃ  ぐ じ ど ぴ *
   ゅ ゃ や ゎ ぉ ぇ ヴ ず ぢ 
右シフト面
! ” # $ % [ ] ( ) { } 〜 〓
ぱ げ で ぜ ぞ ゐ ひ き つ 「  () {
  ご だ が  ば む  く り わ  }
   ぽ ぼ ぷ ぺ べ み あ 
小指シフト面
! ” # $ % & ’ < > ^ = ‘ |
 Q W E R T Y U I O P @ [
  A S D  G H  K L ; : ]
   Z X C V B N M , . / _
マトリックス

2.5.5 版との差分は次の通り。

  • 「ぬぉ」が[E/]に移動(蜂蜜マトリックスの規則通り)
  • 「ふ★」「ぶ★」が[/]のマトリックスに移動(蜂蜜マトリックスの規則通り)
  • 「て★」「で★」を[J]のマトリックスに移動(蜂蜜マトリックスの例外)

本日の配列

中田ヤスタカの本拠地 Capsule の、unBORDE レーベル移籍第1弾アルバムは、意外にもダウナー系な仕上がりでした。

Capsule / Caps Lock
Capsule / Caps Lock
  1. Home
  2. Control
  3. Delete
  4. 12345678
  5. Shift
  6. ESC
  7. Space
  8. Return

好きな曲を1つ掲げろと問われたら、やっぱり Shift ですかね。立場的にwww

関連記事

すらすらスラッシュ(7)
2013-10-17
すらすらスラッシュ(6)
2013-06-14
すらすらスラッシュ(5)
2013-04-28
すらすらスラッシュ(4.1)
2013-04-01
すらすらスラッシュ(4)
2013-03-31
すらすらスラッシュ(3)
2013-03-30
すらすらスラッシュ(2)
2013-03-08
すらすらスラッシュ(1)
2013-03-06
posted by 141F at 01:28| Comment(2) | TrackBack(1) | oyayubi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

すらすらスラッシュ(7)

修正案その6 を採用するつもりで動いていましたが、せっかくですから、もうひと山越えていきます。右手小指[/]の負担を軽くした余力を活かして、玉突き移動で左手差指[B]の打鍵を減らします。「ふぶ」ペアが右手側に移動することで、例外だった「ふ★」「ぶ★」のマトリックスが規則的な配置に変わります。捨て仮名「ぁぃぅぇぉ」も全て左シフトになります。

修正案その7

強調 は 2.5.5 版との差分です。〓 は未定義。

無シフト面
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 − ^ ¥
 。 な て せ そ ・ お の に 「」 、 ()
  こ た か  は ー  い し と BS ESC
   ゆ ほ ま ろ  っ う す ら  _
左シフト面
? / 〜 「  」 & ’ < > + = ‘  |
ぺ け よ ― … ゑ び ぎ づ  」 ゛ ゜
  め を も  ぅ ぃ  ぐ じ ど ぴ *
   ゅ ょ や ゎ ぇ ぉ ヴ ず ぢ 
右シフト面
! ” # $ % [ ] ( ) { } 〜 〓
ぱ げ で ぜ ぞ ゐ ひ き つ 「  () {
  ご だ が  ば む  く り わ  }
   ぽ ぼ  み あ 
小指シフト面
! ” # $ % & ’ < > ^ = ‘ |
 Q W E R T Y U I O P @ [
  A S D  G H  K L ; : ]
   Z X C V B N M , . / _
マトリックス
  • 「ぬぉ」が[E/]に移動(蜂蜜マトリックスの規則通り)
  • 「ふ★」「ぶ★」が[/]のマトリックスに移動(蜂蜜マトリックスの規則通り)
  • 「て★」「で★」を[J]のマトリックスに移動(蜂蜜マトリックスの例外)

混同を避けるため[,]に退避させていた「て★」「で★」のマトリックスを、空いた[J]に戻します。

本日の配列

「覚えやすく忘れにくい」のと同等に、「安全な日本語配列」と胸を張って標榜したい。

関連記事

すらすらスラッシュ(6)
2013-06-14
すらすらスラッシュ(5)
2013-04-28
すらすらスラッシュ(4.1)
2013-04-01
すらすらスラッシュ(4)
2013-03-31
すらすらスラッシュ(3)
2013-03-30
すらすらスラッシュ(2)
2013-03-08
すらすらスラッシュ(1)
2013-03-06
posted by 141F at 01:36| Comment(0) | TrackBack(1) | oyayubi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

Fra Lippo Lippi / Songs の Virgin 盤 CD を入手したら

16年ぶりの邂逅で、Fra Lippo Lippi の 3rd アルバム Songs の Virgin 盤 CD を、made in UK の中古品で入手しました。積年の念願がようやく叶いました。

我が家の Songs 三態
左上:Easter 盤 CD(Rune Arkiv)、左下:Virgin 盤 CD、右:Virgin 盤 LP(東芝EMI)

ジャケ違いはともかく、7 曲目 "Everytime I See You" は LP と CD とでアレンジが違っててびっくり。クレジットではどちらも Dave Allen がプロデュースしたことになっていますが、LP ヴァージョンは Kaj Erixon プロデュースではないかと思うぐらいに感触が異なります。この曲の変遷を表にまとめてみます。


収録アルバム 発売 曲名 特徴
1 2nd / Small Mercies 1983 A Small Mercy サビなし、Aメロ・Bメロのみ
2 3rd / Songs (Easter) 1985 (n/a) 未収録
3 3rd / Songs (Virgin CD) 1986 Everytime I See You Easter 盤っぽいアレンジ
4 3rd / Songs (Virgin LP) 1986 Everytime I See You キーが上げられ、演奏のみならず
歌も録音が違う

LP と CD で違えているのか、それとも Virgin 盤と東芝 EMI 盤とで違えたのか。また謎が増えてしまいました。

関連記事

Fra Lippo Lippi / Songs 入手しました。
2005-12-20
Website 61℃ > Fra Lippo Lippi / Songs 再発されるも…
2005-10-09
posted by 141F at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

リビングオーディオ刷新計画(了)

CD の総 Flac 化が、2カ月近く掛かってようやく終わりました。取り込み作業中は聴くに聴けずにイライラしたのも束の間のこと、秋の夜長に何とか間に合いました。

右足を残したまま食事する林檎

MD 経由で取り込んだアナログ盤は MP3 のままにしていますが、気になる音源は CD に少しずつ買い直していきます。

関連記事

リビングオーディオ刷新計画(5)
2013-07-15
リビングオーディオ刷新計画(4)
2013-06-24
リビングオーディオ刷新計画(3)
2013-06-20
リビングオーディオ刷新計画(2)
2013-06-17
リビングオーディオ刷新計画
2013-06-12
オーディオの我が愛機たちは皆、10年選手になってしまった。
2008-10-08
ラベル:Network audio
posted by 141F at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | audio visual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

(続)デスクトップオーディオ増強計画(余)

まだちょこちょこと弄ってます。

スピーカーの足元をスパイク化

スピーカーの足元をスパイク化

スピーカー直下のスパイクが効果的 なことを、リビングオーディオで改めて思い知らされました。そこで Kef iQ30 の足元を、自作インシュレーターからスパイクに履き替えました。

残念ながら、差は判然としません。頼りない感じがするスパイク受けを別製品に入れ替えたら、また違った印象になるでしょうか。

USB-DDC >> Dac の接続方法

USB-DDC と Dac との接続で、I2S 接続よりも同軸ケーブルの方が音がいいとする投稿を見かけて、手持ちのケーブルで比較してみました。光接続は手持ちに適当なケーブルがなくて、残念ながら試していません。

HDMI Cable
Planex PL-HDMI01-EZ
Coaxial Cable
Acrotec 6N-C6010

I2S 接続に用いた HDMI ケーブルは、オーディオグレードの製品ではありません。

スイッチ切り替えで比較試聴

Javs Dac-2 USB は、トグルスイッチでソースを切り替えて試聴できます。

スピーカーで聴く分には、少なくとも中華アンプ+ iQ30 で聴く限りにおいては違いがさっぱり分かりませんが、ヘッドフォンでは差がはっきりと出ました。同軸の音を髪の毛1本1本まで解像する HD 映像に例えるなら、I2S 接続の音は毛穴の汚れまで描画してしまう 4K 映像のごとく。ノイズフロアが一段と下がって、今までは静寂だと思っていた録音スタジオ内の雑音まで聞こえてきます。それに比べて同軸は紗が1枚掛かったかのようで、鮮鋭度や S/N が一歩後退した感じを受けます。

そして、I2S 接続と同軸の差が判別できたのは、CD を Flac でエンコードした音源だけでした。MP3 エンコードでは、どちらも同じに聞こえます。

今後の課題

スピーカーの出音をさらにグレードアップするには、いいアンプを奢るだけでいいのか。スピーカーも一緒に入れ替えなきゃダメなのか。また、それを活かすには音源の総 Flac 化が必須になりますが、お金と時間をどこまで投資するのか、悩ましい限りです。

関連記事

(続)デスクトップオーディオ増強計画(了)
2013-05-20
(続)デスクトップオーディオ増強計画(7)
2013-05-03
(続)デスクトップオーディオ増強計画(6)
2013-04-30
(続)デスクトップオーディオ増強計画(5)
2013-04-23
(続)デスクトップオーディオ増強計画(4)
2013-03-16
(続)デスクトップオーディオ増強計画(3)
2013-01-14
(続)デスクトップオーディオ増強計画(2)
2012-12-22
(続)デスクトップオーディオ増強計画
2012-12-19
ラベル:PC audio
posted by 141F at 01:41| Comment(0) | TrackBack(1) | audio visual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

リビングオーディオ刷新計画(5)

刷新計画の最終フェーズとして Android タブレット端末を導入、Marantz Remote App をインストールしました。

AndroidタブレットがAVアンプのリモコンに

選曲の度にアンプの小さなフロントディスプレーに目を凝らしたり、テレビの電源をわざわざ入れたりしなくてもよくなりました。画面の回転ができないとか、かゆいところに手が届かないもどかしさを覚えつつ、それでも21世紀ってすげーwww

関連記事

リビングオーディオ刷新計画(4)
2013-06-24
リビングオーディオ刷新計画(3)
2013-06-20
リビングオーディオ刷新計画(2)
2013-06-17
リビングオーディオ刷新計画
2013-06-12
オーディオの我が愛機たちは皆、10年選手になってしまった。
2008-10-08
ラベル:Network audio
posted by 141F at 23:58| Comment(0) | TrackBack(1) | audio visual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

蜂蜜小梅配列《逆引き入力ガイド》2.5.5 版対応

「よろしければスレ」に刺激されて、蜂蜜小梅配列の逆引き入力ガイドを作ってみました。css と javascript で作成したので、今どきのブラウザだったら動作すると思います。が、動いたもん勝ちというか、ソースが冗長なところは何とぞご容赦ください。特定の環境で動かないから対応してくれとか言われても、私の腕ではこれが限界です(苦笑)。

蜂蜜小梅配列 2.5.5 版

入力したいカナをクリックしてください
いぇ
例外
清濁 うぃ うぇ うぉ ヴぁ ヴぃ ヴゅ ヴぇ ヴぉ
きゃ きぃ きゅ きぇ きょ
ぎゃ ぎぃ ぎゅ ぎぇ ぎょ
清濁・例外 くぁ くぃ くゎ くぇ くぉ ぐぁ ぐぃ ぐゎ ぐぇ ぐぉ
しゃ しぃ しゅ しぇ しょ
じゃ じぃ じゅ じぇ じょ
ちゃ ちぃ ちゅ ちぇ ちょ
ぢゃ ぢぃ ぢゅ ぢぇ ぢょ
清濁 つぁ つぃ つぇ つぉ づぁ づぃ づぇ づぉ
例外 てぃ てゅ でぃ でゅ
清濁 とぅ どぅ
にゃ にぃ にゅ にぇ にょ
清・記号 BS 「」 () ぬぉ
ひゃ ひぃ ひゅ ひぇ ひょ
びゃ びぃ びゅ びぇ びょ
半濁 ぴゃ ぴぃ ぴゅ ぴぇ ぴょ
例外 ふぁ ふぃ ふゅ ふぇ ふぉ ぶぁ ぶぃ ぶゅ ぶぇ ぶぉ
みゃ みぃ みゅ みぇ みょ
清・例外
りゃ りぃ りゅ りぇ りょ
清・その他 ませ くれ あり
打鍵するキーが表示されます
Q W E R T Y U I O P @ [
A S D F G H J K L ; : ]
Z X C V B N M , . / _
左親指 親指右
posted by 141F at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | oyayubi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

リビングオーディオ刷新計画(4)

Twonky Server + Marantz NR-1603 での再生覚え書き。

  • メタタグは ID3v1 / ID3v2 (v2.3) が面倒ない
  • APEv2 タグは読めない
  • foobar2000 で ID3v1 / ID3v2 / APEv2 を相互変換可
  • Ogg Vorbis は再生不可
  • MP3 はギャップレス再生不可
  • Flac はギャップレス再生可
  • アナログから取り込んだ音源は、Flac にしてもギャップレス再生不可

AVレシーバー背面

ということで、組曲やライヴ音源の CD を Flac で再リッピングしています。ギャップレス再生ができないのは致命的なので、今後は Flac を標準エンコーダにしようかしら。それと、アナログ盤の何枚かは CD で買い直さないといけません。

関連記事

リビングオーディオ刷新計画(3)
2013-06-20
リビングオーディオ刷新計画(2)
2013-06-17
リビングオーディオ刷新計画
2013-06-12
オーディオの我が愛機たちは皆、10年選手になってしまった。
2008-10-08
ラベル:Network audio
posted by 141F at 00:48| Comment(0) | TrackBack(1) | audio visual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

リビングオーディオ刷新計画(3)

ふかふかのフローリング床にスピーカースタンドを直置きしたら、手で持って揺らすと思いのほかグラグラします。残念ながら MDF が手に入らなかったので、代わりにパイン集成材を敷いてスパイクをぐさり。

スピーカースタンド下のボードとスパイク

スピーカー直下のスパイクは、やはり効きますね。ボードの面積不足で揺れ止めとしての効果はイマイチでしたが、出てくる音が引き締まって、重心が下がりました。

関連記事

リビングオーディオ刷新計画(2)
2013-06-17
リビングオーディオ刷新計画
2013-06-12
オーディオの我が愛機たちは皆、10年選手になってしまった。
2008-10-08
ラベル:Network audio
posted by 141F at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | audio visual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

リビングオーディオ刷新計画(2)

リビングのオーディオ機器を総入れ替えして、Nas + AVレシーバー + ブックシェルフ・スピーカーを導入しました。

現在のリビングオーディオと横切る尻尾

自分の姿が画面に映りこまないよう四苦八苦しながら撮影していたら、林檎の尻尾で台無し(笑)。

Nas と AVレシーバー

Nas と Marantz NR-1603

Nas
Qnap TS-112 + WD30EFRX
AV Receiver
Marantz NR1603

当初は DLNA プレーヤー + (Dac) + D級アンプの組み合わせにしようとか考えていたんですが、

  • 薄型デザインで1ボディ
  • リモコンも1つで済む
  • 2ch使用時はバイアンプ駆動可
  • 専用アプリあり

などが決め手となって、AB級アンプを積んだシンメトリカルデザインのAVレシーバーに落ち着きました。AVレシーバーといっても接続しているのは、

  • Lan 1
  • HDMI in 1 / HDD Recorder
  • HDMI out 1 / TV
  • Optical in 1 / TV
  • SP out +- × LR × Bi-amp

と最小限の構成で、スピーカー出力以外はデジタル入出力オンリーです。

シングルドライブの Nas は置き場所の都合で、スパイクに乗せて横置きしています。

ブックシェルフ・スピーカー

Elac BS243 Limited Edition HB と専用スタンド バイアンプ駆動+バイワイヤリング接続

Speaker System
Elac BS 243 Limited Edition HB + 専用スタンド
Speaker Cables
Zonotone 6NSP-4400 Meister

スピーカーはルックスに惚れて Elac BS 243 Limited Edition HB を選びました。ドーム型以外のツィーターを装備したスピーカーを買うのは、おそらく初めてのはず。スターカッド4芯のスピーカーケーブルで、バイワイヤリング接続しています。

高域が強すぎるとかセッティングが難しい等と言われがちなスピーカーですが、専用スタンド+ DSPチューン+バイアンプ駆動が効いているのか、のっけから素直に鳴ってくれている印象です。

たぶん続きます。

関連記事

リビングオーディオ刷新計画
2013-06-12
オーディオの我が愛機たちは皆、10年選手になってしまった。
2008-10-08
ラベル:Network audio
posted by 141F at 02:59| Comment(0) | TrackBack(2) | audio visual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする